感情線の枝分かれ(6)別の線が下(横)に出ている手相

少し前に、感情線が二股になっている手相の記事を書きましたが、今回は二股や三つ又のように、感情線と同じくらいはっきりと太い線が枝分かれしている訳ではないけれど、感情線から横や、斜め下に向かって細い線が出ている手相を紹介します。

もし、感情線の下に垂れるように細かい線がたくさん出ている時は健康状態が心配です。下記の記事も参考にしてください。

病の可能性がある感情線

感情線で病気になりやすい手相や健康状態を占う(病占)

参考 感情線のいろいろな支線のパターンをまとめてありますので、もし、枝分かれしている線が細い場合などは↓をご覧ください。

感情線に二股・三又・支線・枝分かれ・分岐のある手相いろいろ
感情線とは、4本の指と知能線の間にある、比較的明瞭な線のことです。 感情線は主に、恋愛運や、性格、心情の状態等を表す掌線ですが...
スポンサーリンク

感情線の下から別の線が下や横に出ている手相の見方

感情線の下(横)から別の線が出ている手相

感情線の下から横向き、または斜め下向きの線が何本か出ている手相は、人の意見に左右されやすいという意味があります。

感情線の上から出る支線が、積極さやプラス思考を表すのに対して、下から出ている線は消極的な性格や、マイナス思考を表すのです。

しかしそれは、あらゆる人間関係の円満・良好のために、自分を抑え、言いたいことを我慢しているとも言えます。

常に周りの意見を尊重して、自己主張を抑えますから、周りから自分の意見がない人間だと思われていたり、ご自分でも「自分は流され易い人間」と思い込んでいるケースも。

それは、みんなのために自分を犠牲にすることが出来る、優しさを持っているからこそ。

ですが、「自分さえ我慢すれば・・・」と、いつも自分を抑えてしまうのは、ストレスが溜まるものです。

嫌われたくない、波風を立てたくないという気持ちは理解できますが、心の病にかかってしまっては元も子もありません。

どうしても譲れないことは、我慢せずに口に出して言うようにしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする