スポンサーリンク

感情線の下にもう一本別の線がある手相-その2(反抗線・訴訟線)

感情線と知能線(頭脳線)の間あたりに、もう1本別の線がある手相の見方をご紹介しています。

前回は職業線でしたが、今回は反抗線についてご説明します。

反抗線と職業線(キャリアウーマン線)はよく似ていて間違えやすいので、ご注意ください。

スポンサーリンク

感情線の下にもう一本別の線がある手相の見方(反抗線)

反抗線|あやまりません

感情線のに斜め上に伸びる短い線は、反抗線と呼ばれています。

※線が頭脳線に届く程長い時は職業線になります。

反抗線は第二火星丘に出る

反抗線の出る位置は、感情線の下あたりの第二火星丘と呼ばれる部分で、かなりはっきりとした濃い線になります。

第二火星丘

第二火星丘は、「守り・防御」や「忍耐力」、「反骨心」を表す丘になります。

第二火星丘に「線」があるということは、この丘の発達を表し、防御力や忍耐力や反骨心が増すという風に占います。

反抗線のある手相の意味

反抗線|あやまりません

では、反抗線の見方ですが、、手相家によっては「謝りま線(あやまりません)」という名前で呼ぶことがありますが、とにかく反骨精神が強い傾向があります。

「ライバル線」と呼ぶ先生もいらっしゃり、この線がある人は、しっかりとした信念を持っていて、簡単には屈服しない、強い心を持っています。

しかし、その気質が強すぎると、何にでも問題意識を持ったり、権威や権力に逆らうなど反体制的になり、ガンコで扱いづらい奴だと周りから疎まれてしまうことも。

たとえ、そのような状況に陥ったとしても、非常に負けず嫌いで頑張り屋ですから、

「今に見ていろ!」

とその悔しさを大きなエネルギーに変化させ、大成する人が多い手相です。

どちらかと言えば、組織の中よりも一人でやっていく方が合いますので、個人の意見が通らない封建的な体制や、頑張りが正当に評価されていない環境なら、いつかは独立を考えてもよいでしょう。

くれぐれも、愚痴や文句を言うだけでは終わらないで、いつかは周りをギャフンと言わせる人になって頂きたいと思います。

反抗線が濃くて長いなら法律家に向いている

反抗線が、はっきりと濃く、長めに刻まれているなら、「訴訟線」と呼ぶこともあり、法律関係の仕事に就くと発展する手相になります。

法律を味方につけて、世の中のトラブルを解決する法律家を目指してみましょう。

簡単にはなれない難関ですが、その手相に刻まれた反抗線を励みに頑張れば、いつかは法曹界で大活躍できる人物になれるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする