感情線の上にもう一本別の線がある手相-その5(長い結婚線)

スポンサーリンク

感情線の上にもう一本別の線が、手の側面から出ている手相の見方(結婚線)

長い結婚線

感情線の上に平行して別の線があり、その線が手の側面から出ている手相は、結婚線が長い状態になります。

これだけ結婚線が長い人は稀ですが、一般的に結婚線が長いと結婚生活が長く続きやすく、逆に短いと、結婚期間も短いと言われています。

※但し、障害線や線の切れ目、島などがない場合に限ります

◆参考 線が手の側面から出ていない場合は、二重感情線となります。

感情線の上にもう1本別の線がある手相‐その1(二重感情線)
感情線の上に並行してもう一本別の線がある手相の見方(二重感情線) 感情線のすぐ上に平行してある別の線がある手相は、二重感情線や副感...

①感情線の上にもう一本別の線が、手の側面から出て、中指と小指の間まで伸びている手相の意味

長い結婚線

上の画像のように、結婚線が人差し指と中指の間まで伸びている手相の場合は、”金星環(金星帯)と交わっている”と判断します。

金星環や金星帯は、”エロ線”や”エロスの環”と呼ぶ手相家の先生もいらっしゃるので、ご存知の方も多いかと思いますが、金星環を持つ人の手相の見方は、美的センスや芸術的センスが発達していたり、ご本人も美人やイケメンであることが多いようです。

※下記の画像のような場合も同じ意味と判断してください。

結婚線が金星帯と交わっている

結婚線が金星帯と交わる人は、歳を重ねても「いつまでも美しくいたい、若くいたい」という願望を持っていて、そのための努力を惜しみません。

とにかく美しいものが好きなので、恋のお相手もブサイクな人は対象外です。

パートナーも美しくなければ許さないのです。

しかし、人を見かけで判断しがちですから、内面にも目を向けるよう心掛けるとよいでしょう。

②感情線の上にもう一本別の線が、手の側面から出て、太陽線まで伸びている手相の意味(玉の輿婚相)

玉の輿相の結婚線

感情線の上に結婚線が長く伸びて、薬指の下に出ている太陽線まで届いている手相を占います。

このような手相は玉の輿相(逆玉相)と言われており、男女とも、お金持ちのお相手と幸福な結婚ができる人です。

もしこのような手相をお持ちでしたら、シンデレラのように素敵な王子様と結ばれる日が来るはずです。

その日がくるまで、自分を磨いておきましょう。

■参考 結婚線については、下記のページで詳しく載せております。

手相占い:結婚線の見方
このページでは、いろいろな結婚線のパターンを、画像付き一覧で紹介しています。 この中から、あなたの手の結婚線に近いものを探して占ってみ...
スポンサーリンク

フォローお願いします(>人<)