結婚線が人差し指と中指の間に向かう手相の見方

結婚線が伸びる方向で占う手相の見方の5回目。

結婚線がめちゃめちゃ長くて、人差し指と中指の間まで伸びている手相になります。

薄い線は見ずに、50㎝ぐらい離れたところからでも判別できるほど、くっきりしているものや、赤みを帯びているものだけを見てください。線が薄い時は下記の記事を参考にしてください。

参考 結婚線が全く無い手相・かなり線が薄い手相

結婚線が全くない手相・かなり結婚線が薄い手相
結婚線は小指の付け根~感情線までの、水星丘と呼ばれるゾーンに、手の側面からスタートして表れる線のことで、薄い線も合わせると何本か出ている人が...

結婚線が伸びる方向で占うのその他の記事はこちら

  1. 緩やかに上昇
  2. 急上昇
  3. 小指の付け根に付く
  4. 薬指の下に向かう
  5. 人差し指と中指の間に向かう
  6. 金星環と交わる
  7. やや下降
  8. 大きく下降
  9. 下降して感情線とクロス
  10. 真横に伸びる

その他の結婚線の記事は↓に集めています。

手相占い:結婚線の見方

スポンサーリンク

結婚線の先が上昇して、人差し指と中指の間に伸びている手相の見方

結婚線が人差し指と中指の間に向かう手相の見方

結婚線が、上向きで人差し指と中指の間に向かっている手相の意味を紹介します。

この手相の占い方は、以前、感情線の上にもう一本別の線がある手相-その5で紹介しましたが、もう一度おさらいの意味で紹介します。

結婚線は手の側面から伸びる線になります。もし、線が手の側面から出ていないのであれば、それは結婚線ではなく、二重感情線になります。

くっきりとした結婚線の先が人差し指と中指の間に向かう手相は、結婚線が金星環(金星帯)と交わっていると判断しますから、結婚相手に美しさを求める傾向が強く、いわゆる面食いであると占います。

もともと、手のひらに金星帯(金星環)を持っている人は、美的センスや芸術的なセンスが発達しており、おしゃれに関心が高い人が多く、いつまでも美しくいるために努力を惜しみません。

それゆえ、パートナーもブサイクは許せないのです。

外見で人を判断する傾向が強く、容姿の良い相手に惹かれるでしょう。

また、浮世離れなところがあり、結婚に妄想を描くタイプでもあります。

理想的なお相手を追い求め、女性なら、いつか白馬に乗った王子様が現れると本気で信じています。

しかし、この結婚線が切れずにはっきりとしていれば、本当にそのようなお相手と結ばれる可能性がありますから、夢は必ず叶うと信じて待ちましょう。

もし、このような結婚線が途切れ途切れだったら、理想と現実は違うと割り切って、容姿を妥協すれば、それなりに幸せな結婚ができるはずです。

パートナーの容姿以外に良いところを見つけ、良いところしか見ないように心掛けてみましょう。

幸せな結婚ができるか否かは、結局、本人の心がけ次第であることが多いものです。

以上となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする