結婚線が薬指の下まで伸びている手相

スポンサーリンク

結婚線が伸びる方向で占う手相の見方の4回目。

※薄い線は見ずに、50㎝ぐらい離れたところからでも判別できるほど、くっきりしているものや、赤みを帯びているものだけを見てください。線が薄い人は下記の記事を参考にしてください。

■参考:結婚線が全く無い手相・かなり線が薄い手相

結婚線が全くない手相・かなり結婚線が薄い手相
結婚線は小指の付け根~感情線までの、水星丘と呼ばれるゾーンに、手の側面からスタートして表れる線のことで、薄い線も合わせると何本か出ている人が...

結婚線が伸びる方向で占うのその他の記事はこちら

①緩やかに上昇

②急上昇

③小指の付け根に付く

④薬指の下に向かう

⑤人差し指と中指の間に向かう

⑥金星環と交わる

⑦やや下降

⑧大きく下降

⑨下降して感情線とクロス

⑩真横に伸びる

その他の結婚線の記事は↓に集めています。

手相占い:結婚線の見方

スポンサーリンク

結婚線の先が上昇して薬指の下まで伸びている手相の見方

結婚線が薬指の下まで伸びている手相の見方

結婚線が、薬指に向かって上に伸びている手相の意味を紹介します。

くっきりとした結婚線の先が上昇して薬指に向かっているのは、結婚線が太陽線に変化していることになりますから、結婚がきっかけで幸運を得られるという結婚線の見方をします。

長い結婚線を持つ人は、良い縁に恵まれ、結婚生活が長続きしやすいのですが、更にこの手相は線が上昇して薬指に向かっているところが、より素晴らしいところです。

結婚することで才能が大きく開花したり、充実した人生を歩めるでしょう。

また、金銭面で裕福になれる可能性が非常に高い手相です。

下の画像のように、結婚線が長くて太陽線に届く手相のことを、「玉の輿相」と言いますが、この手相もそれに近いラッキーな手相であることは間違いありません。

玉の輿の相

男女とも、結婚相手やその家族から、大きな恩恵を受けることは間違いないはずです。

満足のいく素晴らしい結婚をすることができるでしょう。

しかし、線が途中で切れていたり、島が出来ている場合は、吉が半減し、心配事が多い結婚生活になりやすいでしょう。

また、結婚線が太陽線を突き抜けてしまっていたら、残念ながら玉の輿相ではなくなります。

結婚線が太陽線を超える手相の見方

一般的に、薬指に向かって伸びる「太陽線」がある人は、人を惹きつける魅力に溢れており、困った時には誰かが手を差し伸べてくれたり、周りの引立てを受けることが出来る、よい運勢を持つ人だと言われています。

いわゆる、「運がいい人」「持ってる人」であることが多いようです。

しかし、結婚線とクロスする(十字)ことで障害線となってしまい、せっかくの太陽線のパワーも、半減してしまうかもしれません。

玉の輿とは縁がなくなったり、結婚がきっかけで信用を失ったり、地位や名誉が危ぶまれる事態に陥ることも…

とにかく、結婚に関しては、気を抜かずに慎重になることが大切です。

また、駆け落ちや、不倫、略奪婚などは絶対に避けて、周りから祝福されるような結婚をするよう心がけてくださいね。

以上となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする