結婚線が折れ曲がって下降している手相の見方

いろいろな結婚線の占い方の22回目。

結婚線がカクっと折れ曲がって、下に下がっている手相の占い方を紹介します。

薄い線は見ずに、50㎝ぐらい離れたところからでも判別できるほど、くっきりしているものや、赤みを帯びているものだけを見てください。結婚線が薄い人は結婚線が全く無い手相・かなり線が薄い手相の記事も参考にしてください。

スポンサーリンク

結婚線が折れ曲がって下降している手相の見方

下の画像のように、一旦、別の線に切り替って、その線が下降しているような場合も同じ意味だとお考えください。

結婚線が切り替って下降している手相の占い方

結婚線が折れ曲がって下降していたり、別の線に切り替って下降している手相は、運命の人とすれ違いやすいことを意味します。

他のことはそうでもないのに、恋愛に関してはちょっと鈍感で、あなたに想いを寄せている異性がいても、ぜんぜん気が付かなかったり、本当は好きなのに気のないフリを装ってチャンスを逃したり…

ちょっとしたタイミングのずれが原因で、大切なお相手と結ばれにくいでしょう。

また、恋に対して臆病だったり、慎重すぎる面も感じられます。

運命の赤い糸がどこに繋がっているのか、じっくりと見極めたい気持ちもわかりますが、だからと言って慎重になりすぎて何も行動を起こさなかったら、本当に幸せを逃してしまいます!!

この流れを変えたいなら、思い切って前に進んでみましょう。

ちなみに結婚線は、状態の悪い線や、「乱れ」があっても、その上に明瞭な上向きの線が出ていればOK!

もしご自分の恋愛運や結婚運を変えたいと感じる時は、ぐりぐりと新たな線を爪で書くのも一つの方法です。新しい良い線が出てくるようにイメージしましょう。

以上となります。

参考 結婚線についての記事は↓にまとめております。

手相占い:結婚線の見方

スポンサーリンク

シェアする

フォローする