結婚線がたくさん(3本以上)ある手相

スポンサーリンク

いろいろな結婚線の占い方の26回目です。

今回は、結婚線が複数(3本以上)ある手相の見方を紹介します。

結婚線についての記事は↓にまとめております。

手相占い:結婚線の見方

スポンサーリンク

結婚線がたくさん(三本以上)ある手相の見方

結婚線が3本以上ある場合、線の濃さによって意味が大きく変わります。

線が濃く、くっきり、はっきりとしている場合と、薄くてはっきりしない場合の手相の占い方を紹介します。

1.くっきりはっきりした結婚線が3本以上ある手相の意味

くっきりした結婚線が3本以上ある手相の見方

まず、結婚線がくっきり、はっきりしているというのは、線が赤みを帯びていたり、50センチ程離れた距離からも判別できる程の状態のことを指します。

このような、くっきりはっきりとした結婚線が3本以上ある手相の意味は、八方美人です。

線の赤みがあって、見るからに躍動感を感じるなら遊び人でしょう。

実際にモテるはずですから、複数の異性と、二股や三つ又交際する人もいますが、異性に対してフレンドリーで、誰に対しても優しく接したり、いい顔をしてしまい、「一人に絞れない」というタイプの方が多いかもしれません。

この手相は、特定の誰かに縛られることを嫌い、「いつも自由でいたい」という気持ちを表しています。

したがって、あまり結婚に向く手相ではありません。

3本共くっきりしている内は、結婚を決めない方がいいかもしれませんね。

1本だけはっきりして、その他の線が薄くなれば、結婚へのGOサインだと判断してください。

但し、この手相は「人たらし」なので、上手に相手を虜にしてしまう術を持っています。

ですから、水商売などの接客業や、アイドル・タレントなどの人気商売の人には、異性が集まってくる良いサインだと言えるかもしれません。

2.線が薄い結婚線が3本以上ある手相の意味

薄い線の結婚線が3本以上ある手相の見方

結婚線がごく薄い人は、下記の記事も参考にしてください。

■参考:結婚線が全く無い手相・かなり線が薄い手相

結婚線が全くない手相・かなり結婚線が薄い手相
結婚線は小指の付け根~感情線までの、水星丘と呼ばれるゾーンに、手の側面からスタートして表れる線のことで、薄い線も合わせると何本か出ている人が...

赤みなどの躍動感がなく、線の薄い結婚線がたくさん(3本以上)ある手相は、いくつもの恋愛を重ねていくことを意味しますから、あまり結婚に向く手相ではないでしょう。

どの線もはっきりしていないということは、結婚には興味がないか、まだ真剣に結婚を考えられず、恋愛を楽しんだ方が良い時期だと言えます。

特定のパートナーを決めずに、いろんなタイプの人とデートして、楽しい時間を過ごしましょう。

もし、結婚を迷っているなら、踏み出すには時期尚早かもしれません。

もう少し様子を見て、線がくっきり、はっきりしてくるのを待っても良いのでは?

複数ある結婚線の内の、1本だけがくっきりしてきたり、赤みを帯びてきたらGOサインです。

以上となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする