結婚線から斜め上向きの支線が出ている手相

いろいろな結婚線の占い方の13回目。

※薄い線は見ずに、50㎝ぐらい離れたところからでも判別できるほど濃くて、くっきりしているものや、赤みを帯びているものだけを見てください。結婚線が薄い場合は下記の記事を参考にしてください

■参考:結婚線が全く無い手相・かなり線が薄い手相

結婚線が全くない手相・かなり結婚線が薄い手相
結婚線は小指の付け根~感情線までの、水星丘と呼ばれるゾーンに、手の側面からスタートして表れる線のことで、薄い線も合わせると何本か出ている人が...

その他の結婚線の記事は↓に集めています。

手相占い:結婚線の見方

スポンサーリンク

結婚線から斜め上向きの支線が出ている手相の見方

結婚線から斜め上向きの支線が出る手相の見方

結婚線から、斜め上向きに支線が出ている手相の占い方を紹介します。

※細い上向きの線が出ているのは子宝線になります

この支線は、二股のようにくっきりとしている訳ではないけれど、細い線が斜め上に向かって伸びている感じの手相です。

上の画像は3本の線を描きましたが、本数は1~3本程なら同じ意味とお考えください。

結婚線から斜め上に向かって支線が出ているのは、結婚をしてからパワーアップする手相です。

パートナーの力や、愛のパワーで、結婚後にモチベーションがUPして、パートナーに支えられながらますます光輝くという良い相です。

男性なら、内助の功でどんどん出世したり、仕事で成果を上げるなどして、社会的地位がUPしていくでしょう。

女性の場合は、キャリアウーマンに多い手相で、結婚後も仕事を続けて、ますます発展していくでしょう。

また、社会的地位のある夫の力や影響を受けて、ご自身もキャリアアップして、社会的な地位や信頼を得る可能性が高いですし、社会での活躍だけではなく、家庭も大切にして仕事との両立が果たせるよい相です。

いずれにしろ、パートナーの支えがあってこその発展ですので、感謝の気持ちを忘れずにさえいれば、結婚運は概ね良好です。

以上となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする