結婚線の途中に縦線(障害線)が入っている手相

結婚線に障害線がある手相の占い方

いろいろな結婚線の占い方の24回目。

スポンサーリンク

結婚線に障害線が入っている手相の見方

結婚線を切るような縦線が入っている手相の占い方を紹介します。

結婚線に障害線がある手相の占い方

手相の線を切るように、縦に筋が入ることがあります。これを障害線と言います。また、妨害線と呼ぶ手相家の先生もいらっしゃいます。

線の流れを、刃物でぶった切っているようなイメージですから、障害線は、どの線に合っても凶暗示であると言われており、結婚線にある場合も、決して良いとは言えません。

結婚線に障害線がある手相は、夫婦仲が良くないことを意味します。

何かとトラブルが多い結婚生活になりやすく、ケンカや対立も多くなりがちです。

たとえお互いの相性が良くても、嫁姑問題や子供の問題など、周辺のいざこざに巻き込まれて、関係がギクシャクしていく場合もあります。

とにかく何かとゴタゴタが多く、別居や離婚に発展することが多い傾向です。

結婚自体に障害が多くて、結婚に踏み出そうとしても、家族から反対をされるなどして、ご縁がなかなかまとまらないこともあります。

また、この障害線は、これまでなかったのに急に出てくることもあります。

線が薄い間は、心がけ次第で薄くなったり、最終的には消えることもありますから、障害線が出ていたら、よくない警告だと思って、関係の修復に努めるようにしてくださいね。

◆手相の障害線(妨害線)については下記で詳しく説明しています。

障害線(妨害線)が掌線を遮る手相
手相の障害線とは? 生命線や感情線等の掌線を切るように、線が入ることがありますが、これを「障害線」と言います。障害線は、線の流れを妨げてし...
スポンサーリンク

フォローお願いします(>人<)