結婚線が急上昇している手相の見方

結婚線が伸びる方向で占う手相の見方の2回目。

結婚線がかなり上向きに伸びている手相の見方をご紹介します。

薄い線は見ずに、50㎝ぐらい離れたところからでも判別できるほど、くっきりしているものや、赤みを帯びているものだけを見てください。線が薄い人は下記の記事を参考にしてください。

参考 結婚線が全く無い手相・かなり線が薄い手相

結婚線が全くない手相・かなり結婚線が薄い手相
結婚線は小指の付け根~感情線までの、水星丘と呼ばれるゾーンに、手の側面からスタートして表れる線のことで、薄い線も合わせると何本か出ている人が...

結婚線が伸びる方向で占うのその他の記事はこちら

  1. 緩やかに上昇
  2. 急上昇
  3. 小指の付け根に付く
  4. 薬指の下に向かう
  5. 人差し指と中指の間に向かう
  6. 金星環と交わる
  7. やや下降
  8. 大きく下降
  9. 下降して感情線とクロス
  10. 真横に伸びる

その他の結婚線の記事は↓に集めています。

手相占い:結婚線の見方

スポンサーリンク

結婚線が小指に向かって急上昇している手相の見方

結婚線が急上昇している手相

結婚線が上に向かって、急上昇している場合の手相の意味を紹介します。

くっきりとした結婚線が急カーブを描くように上昇している人は、結婚すると間違いなくかかあ天下になります。

男性でこのような相をお持ちなら、家庭の主導権は妻に委ねるようにすると、結婚生活がうまく行くでしょう。

下手に抵抗しないことが夫婦円満の秘訣です。

女性がこの結婚線を持っているなら、パワーが強すぎて、夫や家族を陰で支えるだけでは物足りなく感じてしまいます。

いわゆる、じゃじゃ馬の相です。

結婚後も、仕事や趣味など「自分の道」を持つ生き方を選択するのがベストなのですが、他人の助けを受けなくても、「自分のことは自分でできるから好きにさせて欲しい」というタイプのため、結婚を煩わしく感じてしまい、生涯、結婚をせずに独身を通し、自力で生きていく道を選択する人も多いかもしれません…

でも、結婚運自体は悪くないので、妻が家庭の外で活躍することに理解がある男性を選べば、仕事と結婚の両方を手に入れて幸せになれますから、じっくりと吟味して自分に合ったいいお相手を見つけることが大切かも。

間違っても「関白宣言」をするような男性とは結婚してはいけません!!

以上となります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする