ラッキーな手相⑬ 手首の上に三角形の「土台線」がある手相

luckyな良い暗示の手相を、順に紹介しております。

13回目の今日は、土台線がある手相です。

土台線がある

スポンサーリンク

手相の土台線とは??

土台線がある

土台線とは、手首の線から、△に山が立ちあがっている手相のことを言います。

ちょうど手首線と合わせると三角形ができている状態になります。

以前、トライアングル(三角紋)について書きましたが、この土台線はとても良い意味を持つトライアングルの一種です。

手首線は、ひょろひょろの細い線ではありません。

生命線や知能線などの主要線と同じか、やや細いくらいの、割としっかりとした太くて濃い線になります。

三角形の形は、多少いびつでも構いませんが、線が途中で切れていたり、障害線が入っていると吉分は薄れます。

この部分にホクロがある時も、あまり良い暗示ではなくなり、逆に縁が薄くなります。

土台線がある手相の見方

土台線がある手首付近は、地丘と呼ばれており、ご先祖や因縁を表すゾーンになります。

地丘

この地丘に、くっきりとした土台線がある場合、しっかりとした土台を持っている可能性が高い人であると占います。

土台線がある

建築物を建てる時、「基礎」のすぐ上に乗っている部材のことを「土台」と呼ぶそうなのですが、この「土台」の上に、柱や梁、そして壁や屋根が乗っかっていくのですから、土台がしっかりしていないことには、丈夫な建築物は立てることが出来ないという大切な部分になります。

手相においても、この土台線があるかということは重要になります。

土台線がある人はご先祖の恩恵を受けやすい

土台線がある人は、ご先祖からの恩恵を受けやすく、ルーツがしっかりした恵まれた生まれであることが多いようです。

何代も続く家系の生まれであったり、俗にいう「育ちのいい人」「家柄がいい人」という感じでしょうか。

土台線を持つ人は、出自がよく、人生の基盤がしっかりとしているという風に占います。衣食住で困るようなことは少ないと思います。

「出自」というものは、自分では決められないことです。

出自があまりよくない場合、自分ではどうすることもできない悩みに苦しめられることがあります。

土台線がない=出自が悪い、ということでは決してありませんが、土台線がある人は出自のことで悩むことは少ないでしょう。

また、困った時には、親兄弟が救いの手を差し伸べてくれるという恵まれた人でしょう。

誰かの土台を受け継ぐ可能性

土台線を持つ人は、親族からの助けを受けるだけでなく、親族と何かとご縁が深い生まれでもあります。

後継ぎになって家業を継いだり、親の財を引き継ぎ、お家を守っていくような運命を背負っている場合も多いです。

また、一概には言えませんが、受け継ぐことは「家業」だけと決まっていません。

親方から特殊な技術を受け継いだり、師匠から芸を受け継いだりなど、とにかく『伝承』という言葉に縁があるかも。

取りようによっては、何かを伝承する役目を担っている人であるとも言えるでしょう。

くっきりとした土台線を持っているなら、自分から物事を始めるよりは、誰かの作った土台を受け継いでいく生き方を選択した方が、成功しやすいかもしれませんね。

土台線+運命線のある手相の見方

dodai_unmeisen

特に、上の画像ように、土台線から中指に向かって運命線が伸びている場合は、土台を生かして成功しやすい手相です。

親のコネを生かして就職したり、家業を継いだり、誰かが作った基盤を基に、さらに発展させていく生き方が適しています。

その最たるものが、親が芸能人で子供も芸能界にデビューするとか、親の地盤を継いで議員になる、などですね。

直接何かを継がない場合でも、親族や先祖の影響を強く受けて、同じ道に進む人が多いはずです。

例えば、親や兄弟が音楽を趣味にしていて、自分もいつの間にか物心ついたらミュージシャンを志していた、みたいな感じでしょう。

スポンサーリンク

フォローお願いします(>人<)