手相で運命が変化しやすい年齢を占う【運命線の流年法の見方】

スポンサーリンク

前回は、運命線の見方の基礎知識について説明しましたが、今回は運命線の見方の2回目です。

運命線は、仕事運や成功運を占う、掌線になります。

ここでは、運命線の流年法と呼ばれる、運命が変化しやすい年齢の見方を紹介します。

※運命線が無い場合や、あっても薄い人はこちらを参考にしてください

スポンサーリンク

手相の流年法とは?

手相には『流年法』といって、運命が変化しやすい、ターニングポイントになる年齢を占う方法があります。

過去に生命線の流年法の見方を、ざっくりと説明したことがありましたが、今回は運命線の流年法の見方を紹介します。

運命線の流年法はどんな時に使うの?

運命線が、手のひらのどの部分に出ているかで、社会的に活躍できる年齢を知ることが出来ます。

また、運命線が切れている、運命線が2本ある、運命線の途中に島やスクエアがある…そのような時にも使います。

運命線の線が切れている時や、線が枝分かれをしている時、障害線がある時スクエアなどの特殊紋が掌線上に現れている時は、運命の変化が起こりやすい転換期であると占います。

もしご自分の手相に、そのような印を見つけたら、まずは手相の意味を調べると思いますが、それが一体、何歳の時に起こりやすいのか、時期も知りたくなると思います。

そんな時に流年法を知っていると、大まかな年齢がわかるのです。

下に例を書きました。

(例)運命線に切れ目・途切れがある時

unmeisen_kireme

例えば、運命線が途切れている手相は、「転職」や「失職」、「積み上げたキャリアを失いやすい」「新しいスタートを切る」という風に占います。

では、何歳ぐらいに転職しやすいのか、流年法に当てはめてみるとこうなります。

unmeisen_ryunenho

途切れがあるところは、30~32歳ぐらいのところになるので、その頃に失職や転職などの社会運の変化が起こりやすいことを意味します。

確かに、運命線が切れていることは、あまりよくない暗示ではありますが、一度切れても、再びしっかり中指の付け根近くまで伸びていることから、

『卒業後に就いた仕事は、32歳ごろまでに退職し、転職する可能性が高いですが、その後に就いた仕事で、大いに発展することが期待できる手相です』

と言う具合に占う訳です。

何となく、ご理解いただけましたでしょうか?

それでは次に、流年法の年齢の区切り方を説明します。

運命線の流年法の年齢の区切り方

1.手首線と中指の付け根を2等分する

unmeisen_ryunenho3

まずは、手首線上を0歳中指の付け根の線を100歳と見ます。

そして、その長さを2等分して、ちょうど半分のところが30歳となります。

ちなみに、手首線が複数ある人は、一番太くてはっきりしている線を基準にしてください。

2.さらに2等分して4等分にする

unmeisen_ryunenho4

次に、2等分したところをさらに2等分して、手首線~中指の付け根線の長さを4等分にします。

手首線と30歳の点の中間が21歳になり、

中指の付け根線と30歳の点の中間が52歳になります。

3.知能線と感情線と重なる部分を見る

unmeisen_ryunenho5

最後に、知能線と交差する点が35歳感情線と交差する点が56歳になります。

すると、下の画像のようになります。

unmeisen_ryunenho2

画像制作が下手なので、見にくかったらゴメンナサイ

運命線が中指の付け根を越える場合の手相の見方

unmeisen_insyutu

100歳にあたる中指の付け根を突き抜けて運命線が伸びている場合は、陰出と言って、死後も生き続けることを意味します。

これは、幽霊やゾンビになる訳ではなく、死後も名前が残るという意味の手相です。

『生前の偉業が死後も語り継がれる』という、素晴らしい発展が期待できるでしょう。

名前が残るという以外にも、死後も作品や研究成果が評価され続けたり、楽曲が歌い継がれたり、という方にもある手相です。

但し、悪い事で名を残す人にも、出る可能性が無きにしも非ずなので、そうならないようにご注意ください。

また、中指の陰出は、ちょっと「出すぎ」とか「出来すぎる」と、敬遠されることがあり、手相家の先生によっては凶暗示と見る場合もあります。

確かに強すぎるゆえに、自我を押し通しがちで、周囲と摩擦が生じやすいことは確かなので、他人を思いやる気持ちさえ忘れずにいれば、持っている運を最大限に発揮できるはず!

うまくバランスを取りつつ、勝利を勝ち取っていただきたいと思います。

以上となります。