運命線に島(アイランド)がある手相の見方 3種

運命線に島がある手相3種

運命線に島紋(アイランド)がある手相の見方を紹介します。

手のひらの運命線とは、中指に向かって伸びる掌線で、主に社会運や仕事運を占う掌線です。

運命線

くっきりとした濃い運命線がある人は、社会運の強い人であり、社会的に活躍できる可能性が高い手相です。

しかし、その運命線に島があるなら、仕事運に関することで問題があることを表しています。

ここでは運命線の島紋について

  1. 運命線の起点に島がある手相
  2. 運命線の途中に島がある手相
  3. 運命線の終点に島がある手相

の3種類を説明したいと思います。

ちなみに、運命線は、ない人もたくさんいらっしゃいます。

運命線が無い人や、薄い手相については↓のページで紹介しています。

運命線がない人や薄い人の手相の見方(運命線の有り無しで占う)
運命線は基本7大線のひとつですが、運命線は”ない”人もたくさんいらっしゃいますから、無いからと言って珍しいことでも、おかしいことでもありませ...

島紋の基礎については

【手相紋占い⑦】手のひらの掌線上に水たまりのような島紋(アイランド)がある手相

で詳しく紹介しております。

スポンサーリンク

運命線にある島紋(アイランド)の意味

手相の「島」というのは、掌線の間が広がって、水たまりのようなふくらみが出来ている状態を指します。

手相の島は、手のひらのどの場所にあっても凶暗示となり、丘や掌線の意味にマイナスの要素を加えます。

運命線に島紋がある場合も例外ではなく、せっかくいい運命線があっても、吉を半減させてしまうのです。

島のある場所によって、意味が変わるのでご紹介します。

①運命線の「起点に島」がある手相の見方

運命線の起点に島がある手相

運命線の起点に島のある手相は、社会に関わる最初の時点で問題があることを表しています。

例えば、

  • 不運な幼少期を過ごす
  • 人生に迷いがあって進路がなかなか決められない
  • スタート地点でつまずく
  • スタートしたとしても障害が多くてスムーズに行かない

という感じです。

スタート地点に島があったとしても、その後の線がしっかりと中指に向かって伸びていれば、初めは困難が待ち受けていたとしても乗り越えて行けるはずですから、怯まずに一歩を踏み出してみましょう。

具体的な年齢は、運命線の流年法で当てはめてください。

②運命線の「途中に島」がある手相の見方

運命線の途中に島がある手相

運命線の途中に島のある手相は、仕事上のスランプを表しています。

具体的な年齢は、運命線の流年法で確認して頂きたいのですが、島がある時期は、

  • 仕事場や家庭内での人間関係に苦しめられる
  • 不遇な時期を過ごす
  • 不毛な時期を過ごす

など、いずれにしても、頑張っても思うような結果が出ない、社会で活躍することが困難な苦しい状態となります。

これまでなかった島が突然現れたら、何かのサインだと捉えて、無理をしたり、強引に突き進むのはやめて、休みを取ったり、少し立ち止まって考えてみてください。

そうすればいつの間にか消えていたりします。

③運命線の「終点に島」がある手相の見方

運命線の終点に島がある手相

運命線の終点に島のある手相は、最後にトラブルがあることを表しています。

これまで順調に行っていたのに、突然のトラブルに見舞われて、

  • 会社が傾むく
  • 左遷やリストラなどに合う

など、仕事において嫌な終わり方をしやすいので、もし運命線のゴール地点に島があるなら、もしもの時に備えて、副業を持っておいたり、貯蓄をしたり、保険に入るなど、二重三重の対策で防御してください。

こちらも具体的な年齢は、運命線の流年法で当てはめてください。

運命線上の島紋について

以上、3種類の島について紹介しましたが、残念ながら運命線上の島紋は、どの場所にあっても、凶暗示を表します。

ですが、人生は順風満帆にはいかないことが多く、どこかで躓いたり、トラブルがあって当たり前!

しかし、どの時期にそのようなことが起こりやすいかを事前に知っていれば、回避できる場合もあるかもしれません。

手相や占いを上手に使って、人生の荒波に立ち向かっていただきたいと思います。

以上となります。

スポンサーリンク

フォローお願いします(>人<)