感情線の枝分かれ(5)起点の上下に別の支線が出ている手相(ユーモア線・機知線)

感情線の起点(小指側)の上下に、>>>→のような支線が出ていることがあります。

ここでは感情線の上下に別の支線が出ている手相の見方をご紹介します。

参考 感情線のいろいろな支線のパターンをまとめてありますので、もし、枝分かれしている線が細い場合などは↓をご覧ください。

感情線に二股・三又・支線・枝分かれ・分岐のある手相いろいろ
感情線とは、4本の指と知能線の間にある、比較的明瞭な線のことです。 感情線は主に、恋愛運や、性格、心情の状態等を表す掌線ですが...

スポンサーリンク

感情線から上下に別の線が出ている手相の見方

感情線のスタート地点付近の上下に、矢印(>>→)のような形で出ている線を、ユーモア線や機知線と言います。

感情線の起点に別の線が出ている

ユーモア線は ↓↓↓ のような形でもOKです。

感情線の上下に別の線が出ている|ユーモア線

ユーモア線が出ている人は、人を笑わせたり、楽しませることが得意であることが多いようです。

関西人のようなノリで、話にオチを付けて笑わせるなど、面白い話ができる盛り上げ上手で、「人を楽しませることが自分の喜び」というタイプなのです。

とっても素敵な人ですね。

芸能関係や娯楽施設など、人を楽しませることを仕事に選ぶのも良いでしょう。

ユーモア線を持つ人をパートナーに選ぶと、笑いの絶えない、家族円満で楽しい家庭になることは間違いありません。

私はこの線を「ユーモア線」と学びましたが、手相家の先生によっては、子宝線と呼ぶこともあるようです。

それは、感情線のスタート地点に乱れがなく、スーっときれいに始まっている人は、子供ができにくい相だと言われていることが理由だと思います。

感情線の起点は、多少上下に線が出ているくらいの方が、家庭運に恵まれるのは間違いなさそうです。

ちなみに、私が学んだ「子宝線」は別の線になりますので、下記の記事を参考にしてください。

結婚線から細い上向きの支線が出ている手相(子宝線)
いろいろな結婚線の占い方の11回目。 ※薄い線は見ずに、50㎝ぐらい離れたところからでも判別できるほど濃くて、くっきりしている...

以上となります。