ラッキーな手相7 遺産相続線がある手相

luckyな良い暗示の手相を、順に紹介しております。

7回目の今日は、遺産相続線がある手相です。

下の画像のような、生命線の内側(親指側)から小指に向かって伸びている線がある手相を、遺産相続線と言います。

その他のラッキーな手相は↓に一覧にしてあります。

あるとラッキーな手相 16種
ここでは、あるとラッキーな暗示のある手相を紹介しています。 割とよくあるラッキーサインから、滅多に拝むことのできないレアな手相まで、ま...

スポンサーリンク

遺産相続線は財運線の一種

手相では、小指に向かう縦線のことを財運線と言い、財運線がある人は、お金に恵まれます。

財運線

財運線は、全ての人にある線ではありません。

くっきりとした財運線を持っている人は稀で、細かい細い線が薄くあるくらいの人がほとんどなのです。

30センチくらい目を離して見て、小指の下に縦の線が判別できるのであれば、それはくっきりしていると言ってもよいでしょう。

財運線は長くてくっきりしているほど良いと言われていますが、切れ目や障害線があると、逆に金運は下がり、金銭問題のトラブルに巻き込まれやすくなります。

財運線はどこからスタートしているかで意味が変わってくるのです。

生命線の内側(金星丘)は家庭運を表す場所

生命線の内側(親指側)は、金星丘と呼ばれていて、愛情や家庭運を占う場所です。

手のひらのビーナス

この金星丘から、財運線がスタートしていたら、この財運線は遺産相続線になり、親の遺産を受け継ぐ可能性が高い手相であると言えます。

遺産相続線

遺産相続線のある手相の見方

親から金銭的な援助を受けることができる恵まれた生まれの人であり、親や家族との絆も深く、切っても切れない仲であるといえるでしょう。

遺産相続線

親の後継ぎとなったり、女性なら長男に嫁いだりして、ご先祖から財を受け継ぎ、それを守っていくことが宿命であることを覚悟した方がよいかもしれませんね。

資産家の養子になる場合もあります。

遺産相続線線が途中で切れていたり、下の画像のように障害線が入る場合は、遺産相続で揉めやすいことを表します。

醜い骨肉の争いにならないように、ご注意ください。

遺産相続線に障害線

切れ目なくくっきりとした遺産相続線が伸びているなら、大きな財を受け継いでさらなるステップアップが期待できる、大変ラッキーな手相でしょう。

以上となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする