ラッキーな手相7 遺産相続線がある手相の見方

luckyな良い暗示の手相を、順に紹介しております。

7回目の今日は、遺産相続線がある手相です。

↑の画像のような、生命線の内側(親指側)から小指に向かって伸びている線がある手相を、遺産相続線と言います。

その名の通り、遺産を引き継ぐ可能性が高い人でしょう。

関連記事 その他のラッキーな手相は↓に一覧にしてあります。スマホの方は、画面上部の←PrevNext」ボタンで前後の記事に進めます。

「あるとラッキー♪」な暗示の手相をご紹介します。割とよく見かけるラッキーサインから、滅多に拝むことのできないレアな手相まで、幸運度の...

遺産相続線は財運線の一種

手相占いでは、小指にの下の水星丘と言うゾーンに刻まれる縦線のことを財運線と呼び、良い財運線がある人はお金に恵まれると占います。

財運線

財運線は、全ての人にある線ではありません。

くっきりとした財運線を持っている人は稀で、↓のような細かい細い線が薄くあるくらいの人がほとんどなのです。ちなみにこのような財運線は、”ないよりはマシ”と言う程度で、大金に恵まれることはありませんが、金銭的に大きく破綻することは少ない!と占います。

薄くて細かい財運線がある手相

財運線がクッキリしているかどうかの目安は、30センチくらい目を離して見て、小指の下に縦の線が判別できるのであれば、それはくっきりしていると言ってもよいでしょう。

財運線は長くてくっきりしているほど金運が良いと言われていますが、切れ目や障害線があると、逆に金運は下がり、金銭問題のトラブルに巻き込まれやすくなります。

状態が悪い財運線なら、いっそ、ない方がマシかもしれません…

財運線は、小指の下に短く出ることが多い線ですが、時々長く伸びている人がいて、財運線はどこからスタートしているかで意味が変わってくるのですが、大抵、財運線の起点となる丘の意味が絡んできます。

長い財運線

感情線よりも下のゾーンから財運線が伸びているなら、長い方と考えてよいと思います。

遺産相続線のある手相の見方

手のひらのビーナス

生命線の内側(親指側)は、金星丘と呼ばれていて、愛情や家庭運を占う場所ですが、この金星丘から財運線がスタートしていたら、この財運線は遺産相続線となり、親の遺産を受け継ぐ可能性が高い手相であると占います。

親から金銭的な援助を受けることができる恵まれた生まれの人であり、したがって親や家族との絆も深く、切っても切れない仲であるといえるでしょう。

遺産相続線

後継ぎとなったり、女性なら長男に嫁いだりして、ご先祖から財を受け継ぎ、それを守って、次の代に引き継ぐことが宿命かもしれません。

資産家の養子になる場合もあります。

遺産相続線線が途中で切れていたり、下の画像のように障害線が入る場合は、遺産相続で揉めやすいことを表します。

醜い骨肉の争いにならないように、ご注意ください。

遺産相続線に障害線

切れ目なくくっきりとした遺産相続線が伸びているなら、大きな財を受け継いでさらなるステップアップが期待できる、大変ラッキーな手相でしょう。