手相の掌線(しょうせん)で占う

手相の基本的な掌線で占う手相の見方

手のひらに刻まれているのことを、掌線(しょうせん)と呼びます。

手相占いは、手の大小、手の出し方、手や指の形、手の色、手のひらの肉付き(丘)、爪、指紋、ほくろなどの紋で占う方法など、見るポイントはたくさんありますが、最もポピュラーなのが掌線で占う方法になります。

スポンサーリンク

手相の基本三大線

掌線(しょうせん)の中でも、最も重要な『手相の三大線』と呼ばれるものは、以下の3つです。

手相の三大線と呼ばれる掌線

三大線は、ほとんどの人に共通して表れる、メジャーな掌線になります。

三大線が明瞭でクッキリと刻まれていると、運勢は比較的安定していることが多いのですが、三大線がぼや~っと不明瞭だったり、途切れ障害線、ギザギザ、波状線などの「乱れ」があると、波乱万丈な人生を歩む可能性を示唆しています。

かなり大雑把な見方になりますが、良い手相というのは、ぱっと見た瞬間に何となく分かるものであり、3大線の明瞭さは大きなポイントの一つになっていると思います。

その中でも、特に生命線が重要で、生命線の状態が良いか悪いかで、5割がた運勢が決まる!と断言できるくらい、生命線は最も大切な掌線なのです!

掌線(しょうせん)で見る時の手相の見方は、手相家の先生によって様々ですが、私は生命線を中心に基本3大線を見て、運命線、太陽線、財運線の状態を加味していくようにしています。

「太陽線やスターやフィッシュが出ていれば幸運が訪れる!」というタイプの手相占いが多く知られていますが、太陽線やスターなどの「紋」は、あくまでも補助的なポイントに過ぎず、手相占いの基本は3大線になります。

場合によっては、3大線の欠点をその他の線が補えるケースもありますが、いくら太陽線や運命線やスターがあっても、三大線が貧相なら、大した幸運を手にすることはできないかもしれません…

それは逆に言うと、太陽線や運命線、スターやフィッシュがなくても、三大線の状態が格別に良いなら、幸せを手に入れられるという事なのです。

手相の七大線

手相の七大線の画像

三大線に

を加えたものを、『手相の七大線』と呼びます。

三大線の状態が悪い時は、この4線が欠点を補える場合があります。

3大線の状態がよく、更にこの4線もお持ちで状態も良いなら、幸運を手にする可能性がぐんと高まります。

この4本の線は、無い人も多くいらっしゃいますから、無いからと言って悩む必要はありませんが、単純明快な人ほど線が少なく、複雑な思考回路を持っている人ほど、多くの線が絡み合う複雑な手相を持っているものです。

掌線で占う手相の見方については、これから徐々に掘り下げてご紹介していきたいと思っておりますが、何しろ一人で運営しているサイトなもので、のろのろとしたマイペースでしか更新できず、申し訳なく思っております

地道にコツコツと更新していきますので、どうか応援を宜しくお願い致します。

掌線(しょうせん)に関する記事を書き始めましたら、こちらにもリンクを貼りたいと思います。

感情線で性格や恋愛運を占う

感情線では、性格や恋愛運などを占うことが出来ます

kanzyousen_sen_s

運命線で仕事運・成功運を占う

運命線では、仕事運や成功運、運命が変化しやすい年齢を占うことが出来ます。

unmeisen2

結婚線で恋愛・結婚運を占う

結婚線では、結婚の時期や結婚運を占うことが出来ます

手相の結婚線で見る

生命線で健康運を占う

生命線は生命力を占う掌線ですから、健康運全般を占う事が出来ます。

生命線の見方

※この記事は書きかけです

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク