手相占いの基礎の基礎

手相は左右のどっちの手で見る?

手相占いの基礎的な内容を書いた記事をこちらにまとめています。

スポンサーリンク

手相占いは左右どっちの手で占うの?

手相は左手?右手?どちらの手で見るのか?

手相は両手で観る

というのが気になるところですが、結論は手相は両手で見るになります!

左右の手相を見て、同じ線があればテッパンです!

左右の手相が全く違うときは、両方の可能性があるということになります。

私は何人かの先生から手相を学びましたが、皆様、仰ることが違っていました。

  • 男女の区別なく左で見る!
  • 男性は左手、女性は右手(その逆の時もあり)
  • 手を組んで親指が上になる方の手で見る
  • 利き手で見る
  • 若いころは右(未来)、40過ぎたら左(過去)

などなど、いくつかの説がありますが、どれもこれも完全に一致するものはありません。

要するにはっきりしないということです!

もともと手相占いは不確実で曖昧なものであって、数学のように同じ答えが出る性質のものではありませんので、「どちらの手で見るか?」ということには捕らわれずに、両方の手を見て、良いサインを見つけてください。

また、手相は変化していくものですから、定期的にご自分の手相をチェックしていると、変化が激しい方の手を見つけることができるはずです(利き手とは限りません)。

その変化が激しい方の手で、未来を占うとよいでしょう。

手相の見方のポイント

手相の線を占う時の順序になります。

1.左右の手相を比較的し、大きく違うところがないかをチェック

特に手相の基本3大線(生命線・感情線・頭脳戦)を見比べましょう。この3大線が大きく違う人は二面性を持つ場合があります。

また、40歳以降に、大きく運命が変化する可能性が考えられますから、両手が大きく違う人は、両手の手相を確認しておきましょう。そして定期的に繰り返し手相をチェックして、変化が激しい方の手が未来を占う線になります。

2.掌線のポイントを順に占う

手相の線を見るポイント

3大線の生命線、頭脳線、感情線の順に、手相の基本7大線を1本ずつ、起点の状態、終点の状態(長さや線の向き)、線の太さや明瞭さ、線の状態(乱れや分岐があるか)を見ていき、標準と違うところや特徴のある部分を見つけます。

各掌線の標準については、各掌線の基礎ページに載せております。

3.掌線以外の部分を見る

手相の線以外の見るポイント

7大線以外に目立った別の線があるかどうか、ほくろやスター、グリル、トライアングルなどの特殊紋がないかを探します。

手のひらの凸凹の状態や指、爪、手の形やサイズ、手の色なども併せてチェックましょう。

手相の基礎の基礎

手相の基本7大線の見方

手のひらにある「基本の7大線」について、一覧でざっくり説明しており、さらに詳しい記事へのリンクが貼ってあります。

手相占いの基礎の基礎として、「7大線」と呼ばれる基本的な掌線(しょうせん)で占う、手相の見方のポイントと意味について、軽くご紹介した...

手のひらの凸凹で占う手相の見方

手相は掌線だけでみるものではありません。手の厚みや「丘」の凸凹の状態でも占います。

手相占いでは、生命線や感情線などの掌線で占う方法が一般的に知られていますが、手のひらの「丘」と呼ばれる凹凸の状態でも占うことができま...

掌線の流れを遮る障害線の見方

いい線があっても、その線を遮るように別の線入っているとマイナス要素が加わります。
「妨害線」や「障害線」と呼ばれる、掌線を切るような線について説明しています。

生命線や感情線等の掌線(しょうせん)を切るように、線が入ることがありますが、これを「障害線」、もしくは「妨害線」と言います。 ...

掌線の途切れの見方

手相の掌線が途中で切れている場合の見方として

  • 完全に2つに分断している
  • 補助的な別の線に切り替わっている
  • 切れ切れの場合

の3種類をご紹介しています。

手のひらの表面を縦横に刻む、掌線(しょうせん)の中でも、特に重要な意味を持つ、手相の基本七大線に途切れ・切れ目がある状態の手相の見方をご紹介...

各掌線の基礎ページ

ここでは、手相占いの生命線の見方について、基礎的な情報をご紹介します。 生命線はその名の通り、人間の生命力を表している...
ここでは、手相占いの中の感情線について、基礎的な情報をご紹介します。 感情線はその名の通り、人間の感情を表していると言...
これまで、手のひらのホクロ占いから始まって、感情線、結婚線、特殊紋占い、あるとラッキーな手相の順で紹介してきましたが、今回からは運命...
結婚線から読み取れる手相占いの見方の1回目になります。 手のひらのホクロ占いから始まって、特殊紋占い、感情線からわかる...

このページは書きかけです。手相の基礎に関する記事を投稿しましたら、こちらも更新していきます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする