【手相紋占い6-1】手のひらに井の字#のようなスクエア□(四角紋)がある手相

手相の特殊紋について記事にしたいと思います。今回はその6回目。

手のひらにスクエアと呼ばれる四角紋がある手相について説明します。

スクエアは、生命線や運命線などの主要な掌線に接して出る場合と、掌線に接することなく単独で出現する場合と、2種類あります。

今回は、掌線に接することなく単独で出現するスクエア(6-1)を紹介します。

生命線や運命線などの主要な掌線に接して出る場合(6-2)はこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

手のひらに出る特殊紋とは?

特殊紋とは、手のひら(掌)のいろいろな場所に表れるマークのことです。

「特殊紋」とは言わずに、ただの「紋」や「記号」と呼ぶ場合もあります。

「紋」にはそれぞれ違った意味があり、その「紋」が手のひらのどの位置に刻まれているかで、意味が異なります。

手のひらにある特殊紋

紋には、

  1. グリルと呼ばれる格子紋
  2. スターと呼ばれる星紋
  3. クロスと呼ばれる十字紋
  4. フィッシュと呼ばれる魚紋
  5. トライアングルと呼ばれる三角紋
  6. スクエア と呼ばれる四角紋
  7. アイランドと呼ばれる島紋
  8. リングと呼ばれる環紋
  9. ほくろも黒子紋と呼んでこの仲間に入ります。

「紋」にはそれぞれ違った意味があり、その「紋」が手のひらのどの場所にあるかで、意味が異なります。

■参考 紋についての記事は↓にまとめてあります。

手相の紋で占う
手相の「紋」とは、手のひら(掌)のいろいろな場所に表れるマークのことです。 「特殊紋」と呼ぶ場合もありますが、ただの「紋」や「...

手のひらにスクエア(四角紋)がある手相の見方

手相紋の中で、四角形(□)、ひし形(◇)、井の字、シャープ(♯)、ハッシュタグ(#)のような四角模様のことを「スクエア」や「四角紋」と呼んでいます。

手のひらのスクエアの例

スクエアは、上の画像Aのように、どの線にも接することなく単独で現れるものと、画像Bのように生命線や頭脳線、太陽線などの掌線に接して現れるものがあります。

また、画像Cのように、生命線や頭脳線などの掌線上にスクエアがある場合もあり、A・B・C全てをスクエアとみなします。

スクエアは、スターのように降って沸いたような大幸運を表すものではなく、必ずしも「スクエア=ラッキーサイン」ではありません。

クロスと同じで、凶の意味合いを持つものもありますが、”ピンチの時に助けを受ける”、”保護される”という意味があり、多くのスクエアは”災い転じて福となす”という意味の、復活や逆転運を表す印になります。

特に感情線や生命線などの掌線に接しているものはその傾向が強く、災難にあったり、困難な状況を味わうことになっても、結果的に救われて良い方向に転換し、苦しみから逃れられるという意味があります。

例え災いが起きても、それがターニングポイントとなって吉方向に向かっていくのです。

ピンチはチャンス!!!

と言う言葉がありますが、スクエアは、”そこで諦めないで前向きに頑張って!”というメッセージなのです。

心がけ次第で運勢は変わるものです。

スクエアの四角形の線がはっきりと濃かったり、跡切れのないきれいな四角形なら、早い段階で決着が付いたり、頑張ったことが成果となって表れやすいでしょう。

線が薄い時や、途切れがあるなら、一度や二度の失敗で諦めていてはいけません。しつこく粘ることで、いつか必ずよい方向に進んでいきます。

ここでは、代表的なスクエア占い方を、7つ紹介したいと思います。

生命線や感情線などの掌線に接する感じで井の字紋やスクエアが出ている場合の手相の見方は、6-2として以下でご紹介します。

【手相紋占い6-2】手のひらの掌線上に井の字のようなスクエア(四角紋)がある手相
ここでは、手相の特殊紋について記事にしたいと思います。今回はその6回目のその2。 手のひらに”スクエア”と呼ばれる四角紋が、生...

下の7つ以外の場所にスクエアがある場合は、スクエアが接する掌線や丘の意味に、一旦はマイナス要素が加わりますが、いずれはプラスに変化していくとお考えください。

1.人差指の下にスクエア(四角紋)がある手相の意味(聖職紋・玉井紋)

手のひらの人差指の付け根部分は、木星丘と呼ばれています。

この木星丘がぷっくりとふくらんで発達している人は、教育者など人を指導する立場となったり、リーダーシップを発揮し、逆に木星丘が平らな人や陥没している人は、消極的で依存的な人間になりやすいと言われています。

木星丘のスクエア

この木星丘にあるスクエア・四角紋は、教育者や指導者という意味があります。

掌に現れるスクエアや井の字紋の中で、この木星丘にあるものは、逆転運という意味よりは、ちょっと特別な見方があり、自分のことを犠牲にしてでも人のために生きると占います。

この場所のスクエアのことを、別名で、聖職紋玉井紋と呼びます。

実際に教師や医師など、”先生”と呼ばれる職業に就いている人が多いと言われていますが、他には僧侶などの宗教家にも表れ、人を教育したり導いていく才能がある人になります。

この井の字がしっかりと深く刻まれているなら、よりその傾向が強くなり、人から尊敬される生き方をするでしょう。

しかし、自分のことを後回しにして、生徒など、他人のことを優先しがちですから、プライベートを犠牲にしたり、家族やパートナーには寂しい思いをさせてしまうかもしれませんので、私生活とのバランスを大切にしてください。

また、木星丘の井の字は、他にもいい意味があり、希望が叶う良いしるしでもあります。

これまでなかったのに、この場所にスクエアがでていたら、人生が良い方向に動き出すサインかもしれません。もちろん前に進んでもOKです。

2.中指の下にスクエア(四角紋)がある手相の意味

中指の下は土星丘と呼ばれており、この土星丘が発達してる人は、物事をじっくり考え、研究や勉強熱心な人であると言われています。

また、オタクと呼ばれる、一つのことにのめり込むタイプが多いのも特徴です。

土星丘のスクエア

上の図のように、土星丘に単独スクエア・四角紋がある手相を持つ人は、九死に一生を得るような経験をすることを意味します。

突発的な事故など、もうダメかもしれない…という生命の危機を感じる状況に出会っても、不思議と運よく助かりそうです。

「一歩違ったら死んでいた」とか、「間一髪で助かった」という経験をしそうです。

土星丘のスクエアは強運の印なのです。

ちなみに、運命線が2本あって、それにハシゴが掛かってスクエアになっているような状態なら、”リストラなどの憂き目に合いやすいが、それをバネにして大逆転する”という見方になります。

運命線のスクエア

運命線に接するスクエアに関しては、次回、もう少し詳しく紹介します。

3.薬指の下にスクエア(四角紋)がある手相の意味

薬指の下は太陽丘と呼ばれており、この太陽丘が盛り上がって発達していたり、太陽線と呼ばれる線がくっきりとあるひとは、周りに人が集まってくる人気者です。

逆に、この太陽丘がへこんでいたり、太陽線が全くない人は、どちらかと言えば冴えない人生になりやすく、さみしい晩年を迎える可能性が高いようです。

太陽線がないなら、他力は期待せず、自力で頑張って努力する他はないでしょう。

太陽丘のスクエア

太陽線はくっきりとした線が1本でもあればラッキーなのですが、2本あるともっと強力です。

しかし、上の図のように、横に線が入って、太陽線が四角形や井の字のようになっていたら、社会的な信用が傷つけられることを意味する、大変残念な手相になります。

この場所のスクエアは凶暗示となるので、軽率な行動には注意しなければいけませんし、逆転や復活までに少々時間がかかるため、一度傷ついた信用や、地位を取り戻そうとしても、思うようにいかずに苦労するかもしれません。。。

しかし、諦めずに努力を続けることと、”必ず再浮上できる”と自分を信じることで、時間はかかっても良い方向に向かいますから、めげずに頑張りましょう。

4.小指の下にスクエア(四紋)がある手相の意味

手のひらの小指の付け根部分は、水星丘と呼ばれています。

この水星丘に短くてもしっかりした縦線(財運線)がある人は、金銭的に恵まれやすいと言われています。

水星丘ノスクエア

しかし、上の図のように水星丘が井の字になっている手相を持つ人は、お金にまつわることで苦労しやすく、金銭トラブルに巻き込まれ、経済的に苦しい思いをする可能性がありますが、不思議と救いの手が差し伸べられたり、どん底から這い上がって巻き返すことができるでしょう。

もうダメかも…と思っても、諦めないでしつこく粘ることで、一発逆転のチャンスがやってくるはずです。

もし、スクエアの横線が手の側面まで伸びていたら、「結婚線が井の字になった状態」になります。意味が変わりますので、結婚線にスクエアがある人は↓をご覧ください。

結婚線が井の字や四角紋(スクエア)になっている手相

5.感情線と知能線(頭脳線)の間のゾーンにスクエア(四紋)がある手相の意味

手のひらの感情線と知能線(頭脳線)に挟まれたゾーンは、火星平原(上部)と呼ばれています。

火星平原上部にあるスクエア

十字紋のところでご紹介しましたが、このゾーンに十字があると、神秘十字と言って、とても良い意味がありますが、このスクエアの場合もよい意味があるのです。

感情線と知能線の間に四角形がきれいに収まっていることが条件です。

十字の時は、「目には見えないものに保護される」という意味がありましたが、スクエアの場合は、常に周りに人が集まってきて、何かと世話を焼いてもらえたり、助けてもらえたりなど、とにかく人間関係に恵まれます。

周りから保護され、大事にされながら発展できる吉相でしょう。

お世話になった人達に感謝の気持ちを忘れなければ、ますます成功するはずです。

この四角形に、運命線が重なっているタイプの手相は、また次回お伝えします。

6.月丘にスクエア(四紋)がある手相の意味

手のひらの小指と手首の間のやや下の部分は、月丘と呼ばれています。

月丘には芸術性や創造性と言う意味があることは、過去にお伝えしましたが、それ以外に”他人”と言う意味があります。

月丘のスクエア

この月丘にスクエア・四角紋がある手相は、他人から保護を受ける、助けを受けると言う意味があります。

自分ではどうすることもできないような困難な出来事が起こっても、他人からの助けを受けて、持ち直すことができるでしょう。

恥を忍んでSOSを求めてみることで、意外な人が手を差し伸べてくれるはずです。

7.親指の付け根にスクエア(四紋)がある手相の意味

手のひらの親指の付け根部分は、金星丘と呼ばれています。

金星丘は愛情や家庭性を表す部分であることは過去に説明しましたが、その他にも”身内”と言う意味があります。

6の月丘が”他人”を表すゾーンですから、その反対側であるこの金星丘は”身内”を表すゾーンになる訳です。

金星丘のスクエア

この金星丘にスクエア・四角紋がある手相は、身内からの保護を受ける、助けられるという意味があります。

困ったことが起きたら身内を頼りましょう。

何だかんだ言っても最後は親・兄弟や、幼馴染などの近しい人が助けてくれるはずです。

このゾーンにスクエアがある人は、もともと甘えん坊さんかもしれません。

以上となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする