「 手相の基礎の基礎 」一覧

手相はどっちの手で見るのか?
結論は「手相は両手で見る」です!

左右の手相を見て、同じ線があればテッパンで、左右の手相が全く違うときは、両方の可能性があるということになります。

もともと手相占いは不確実で曖昧なものであって、数学のように同じ答えが出る性質のものではありませんので、「どちらの手で見るか?」ということには捕らわれずに、両方の手を見て、良いサインを見つけてください。