手相の基礎の基礎 一覧

手相はどっちの手で見るのか?
結論は「手相は両手で見る」です!

左右の手相を見て、同じ線があればテッパンで、左右の手相が全く違うときは、両方の可能性があるということになります。

もともと手相占いは不確実で曖昧なものであって、数学のように同じ答えが出る性質のものではありませんので、「どちらの手で見るか?」ということには捕らわれずに、両方の手を見て、良いサインを見つけてください。

障害線(妨害線)が7大線を遮る手相

障害線(妨害線)が7大線を遮る手相

生命線や感情線等の掌線(しょうせん)を切るように、線が入ることがありますが、これを「障害線」、もしくは「妨害線」と言います。 ...

記事を読む

手相占いの基本7大線の見方 (掌線の意味)

手相占いの基本7大線の見方 (掌線の意味)

このブログでは、初心者でもとっつきやすくて、ちょっとしたコミュニケーションに役立つレベルの手相占い鑑定術として、 ほくろ占いや紋占いを...

記事を読む

手のひらの凹凸で占う手相(丘の意味)

手のひらの凹凸で占う手相(丘の意味)

手相占いでは、生命線や感情線などの掌線で占う方法が一般的に知られていますが、手のひらの「丘」と呼ばれる凹凸の状態でも占うことができます。 ...

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク