感情線と知能線の間にクロス(太陽十字線・芸術十字線)がある手相

手相の太陽十字線・芸術十字線

スポンサーリンク

感情線と知能線の間の薬指の下あたりにクロス(太陽十字線・芸術十字線)がある手相の見方

手のひら上に、2本の線が掛け合わさっている状態クロス十字紋、十字線などと言います。

手のひらのクロスの画像

ここでは、芸術十字線太陽十字線と呼ばれる、感情線と知能線(頭脳線)の間にあり、且つ、薬指の下あたりにあるクロス(十字)の意味を紹介します。

手相の太陽十字線・芸術十字線

クロスについての詳しい説明は下記をご参考にしてください。

【手相紋占い③】手のひらにバツ印×やプラス印+のようなクロス(十字紋)がある手相
手相の特殊紋についての3回目。 手のひらに、バツ印×やプラス+、カタカナの「メ」のような、「クロス」と呼ばれる十字紋・十字線が...

手のひらの薬指に向かって伸びる線は、太陽線と呼ばれています。

くっきりとした濃い太陽線を持つ人は、周りに人が集まる人気者で、幸せな人生を歩みやすい人でしょう。

手相の太陽十字線・芸術十字線

この太陽線が、感情線と頭脳線の間にあって、それが十字架のような形になっている手相を、太陽十字線と呼びます。

※前回ご紹介した神秘十字線も、感情線と頭脳線の間にあるクロスでしたが、その違いは、神秘十字線が運命線にクロスがある状態で、今回の太陽十字線は太陽線にクロスがある状態を指します。

太陽十字線の意味

この太陽十字線を持つ人は、芸術的な面で特別なセンスを持っている人が多いことから、別名を芸術十字線と言います。

独特の色彩感覚を持っていたスペインの巨匠であるピカソにも、この太陽十字・芸術十字がくっきりと刻まれていたという話は有名らしく、”作品を認められたのは死後で、生前は貧しかった”という芸術家が多い中、ピカソは特別で、生前に作品が評価され、経済的にも大いに恵まれた画家だったそうです。

※ピカソについて検索していたら興味深い記事を見つけましたのでご紹介します

http://ure.pia.co.jp/articles/-/13494

太陽十字線をもっているならば、今後の進路の参考にしてもよいと思います。

独自のセンスや才能を生かせる道に進むことで、成功を収めることができる相ですから、もし、就職や転職で迷っているなら、芸術や芸能などの美的センスが生かせる分野へ進むことを、候補に加えてもよいのではないでしょうか。

ピカソのように早くから認められれば最高ですが、芸術や芸能の分野というのは、成功する人はほんの一握りで、趣味や道楽で終わる人も少なくありません。その道で食べていくことができなくて、やりたくない仕事を嫌々やっている人もいるかもしれません。

しかし、世間から評価されなかったり、チャンスに恵まれなかったとしても、このような手相を持っていると、簡単に夢を諦めきれないはずですし、一度諦めたつもりでも、心の奥底ではいつまでたっても火が消えずに、一生涯、燻っているものです。

その火を無理に消そうとはせずに、誰が何と言おうと、自分の運と才能を信じて貫いて下さい。価値観は人それぞれ違います。自分の価値観で生きてみましょう。

人生100年時代。諦めなければ、その道で大成するチャンスは訪れるはずです!

スポンサーリンク

フォローお願いします(>人<)