太陽線が四角紋・スクエアの手相の見方(四角形□・菱形◇・井の字)

太陽線が四角・ひし形

薬指の下の「太陽丘」と呼ばれるゾーンに現れる縦線は「太陽線」と呼ばれ、主に「ツキの有る無し」を占う線ですが、この太陽線が四角形ひし形◇になっていることがあります。

また、正方形や長方形のような矩形ではなく、井の字や、シャープ♯のように変形したものも見られますが、これらはすべて「四角紋」や「スクエア」と呼ばれる同じ仲間になります。

この四角紋・スクエアが単体で出る場合と、太陽線に接している場合とでは意味が異なりますので、今回は「太陽丘にまつわる四角形」をご紹介していきます。

太陽線が井の字になっている手相 太陽線の上にスクエアが重なる手相
太陽線が井の字・♯ 太陽線上に四角紋が重なる
太陽丘に井の字の紋
太陽丘に単独で出る四角形

参考記事 四角紋・スクエアの基本的な見方については↓の記事でご紹介しています。

手相の特殊紋についての6回目。 手のひらにスクエアと呼ばれる四角紋がある手相についてご説明します。 スクエアは大...
手相の特殊紋について、6回目のその2。 手のひらに”スクエア”と呼ばれる四角紋が、生命線や運命線などの掌線上にある手相について...

1.太陽線が井の字・四角になっている手相

太陽線が井の字

手のひらの小指の下あたりに太陽線と呼ばれる垂直線があり、その垂直線が井の字になっていたり、四角形がくっついて旗のようになっている手相は、「太陽線の四角紋・スクエア」になります。

太陽線が2本平行にあって、その2線をはしごで繋ぐような感じでも構いません。(二重太陽線のスクエア)↓

二重太陽線がスクエアになった手相

太陽線の四角紋・スクエアは、太陽線の力を高める良い印になります。

たとえ不運な出来事が訪れたり、災難に遭ったとしても、それが絶望に繋がることは少ないとお考え下さい。

運よく難を逃れたり、災いが転じて福となって、逆に利益をもたらすような状況に発展したり、失敗から何かを得るような、いわゆる“転んでもタダでは起きない”たくましさを感じる手相です。

たとえ批判を受けても、自分の信念を貫く生き方をすることで、後に評価されるでしょう。

スクエアは太陽線のどの部分に出ていても同じ意味とお考え下さい。

2.太陽線上に重なる四角紋がある手相

太陽線の上にスクエアが重なる手相

続いては、太陽線の上に重なるように、四角形・ひし形・井の字がある手相の見方です。

こちらは「太陽線上の四角紋・スクエア」になります。

前回ご紹介した太陽丘にまつわる「三角紋」(三角形)では、太陽線の上に重なる場合は「凶」で、重ならずに接している時は「吉」でしたが、四角形の場合は太陽線上に重なる場合でも凶とは見ません。

手に入れた幸運や地位・名誉・財産などが流出しないように守ってくれるでしょう。囲いの役割をする良い印となります。

一般的にスクエアには「保護する」という意味があり、災いが起こった時に守ってくれる印なのですが、太陽線にある場合は災難時だけに限らず、普段から持っている幸せがこぼれないようにガードする役目を担っているのです。

よって、大きく破綻することが少ない手相と言えるでしょう。

また、太陽線上に障害線やクロスなどの「乱れ」がある場合は運が下がり、幸運が逃げやすくなるのですが、スクエアもあるなら相殺されます。スクエアが「乱れ」を囲んでいれば一番良いですが、囲んでいなくてもそこそこ守ってくれるでしょう。

太陽線上のスクエアはありがたいお守りのようなものですから、大事にしてください。

3.太陽丘に単独で四角紋がある手相(太陽線なしのスクエア)

太陽丘に単独で四角紋がある手相

「太陽丘」と呼ばれる、薬指の付け根~感情線に挟まれているゾーンに、単独で四角形が出ている手相は、「太陽の四角紋・スクエア」になります。

こちらは、太陽線と呼べるほどの明瞭さや長さはなく、手のひらをぴんと張ると消えるくらいの線の薄いスクエアや、ごく小さなスクエアの場合の見方とお考え下さい。(太陽線にスクエアがある手相は 1 へ)

※長方形や正方形のような矩形に限らず、菱形◇、井の字、シャープ♯のような形もすべて同じ意味になります。

太陽線がない太陽丘に四角紋(スクエア)が現れている手相は、あまり良い意味はなく、社会的信用が傷つけられやすいと占います。

明瞭な太陽線がある人は、優れた才能を持っていたり、朗らかな性格だったり、チャンスをつかみやすかったりと、割と活気がある人生を送ることが多く、逆に太陽線がないと”陽が当たりにくい”と占うため、どちらかと言えば日陰の人生を歩みやすいのですが、スクエアがあるとさらにマイナスが加わることになるのです。

ミスすることは誰にでもありますが、「よりにもよって何故ここで??」という大事なシーンで運悪くミスをしてしまうなど、しくじりが目立ってしまったり、失敗が後を引いてその後の人生に影響を及ぼすことがあるので注意が必要です。

嫌なスクエアは毎日ゴシゴシと手でこするようにして、早く消えて無くなるようなイメージを送り続けるか、または、スクエアの上に重なるように太陽線をグリグリと爪で書きましょう。

手相は変化していくものですから、手相が変われば人生も変わります。