結婚線が長く伸びて財運線と交差(クロス)する手相

結婚線が財運線と交差する手相の見方

いろいろな結婚線の占い方の15回目。

※薄い線は見ずに、50㎝ぐらい離れたところからでも判別できるほど濃くて、くっきりしているものや、赤みを帯びているものだけを見てください。結婚線が薄い人は下記の記事を参考にしてください。

■参考:結婚線が全く無い手相・かなり線が薄い手相

結婚線が全くない手相・かなり結婚線が薄い手相
結婚線が全く無い手相や、結婚線が薄い手相の見方 50センチくらい離れたところから手相を見て、結婚線が判別できない人は、結婚線がなし...

スポンサーリンク

結婚線が財運線と交わる手相の見方

結婚線が財運線と交差する手相の見方

結婚線が長く伸びて、財運線と交わる手相の占い方を紹介します。

今回は、結婚線が財運線を越える(クロスする)場合です。

※財運線で止まってクロスしない場合の手相の見方はこちら

「結婚線が財運線を越える」というのは、線が交わってクロス(十字)ができている事になります。

結婚線がある小指の下の「水星丘」と呼ばれる部分にクロスがあるのは、実はあまり良い暗示ではありません…

掌の水星丘

この水星丘に、くっきりとした財運線があることは、引立て運や金運が安定するためとても良いことなのですが、結婚線とクロスしてしまうことで障害線となってしまいます。

よって、結婚することにより金運が下がる、または、お金が原因のトラブルで結婚がうまく行かないなど、お金と結婚の両方の幸せを同時には得にくいことを表します。

また、この水星丘は、金運の他に、商才や言語能力、コミュニケーション能力を表す場所ですので、この場所にクロスがあると、嘘や偽りが多くなりやすいので、人を欺いたり、胡散臭い商売に手を染めやすいかもしれません。

利益重視で、まごころを忘れてしまわないように、気を付けてくださいね。

■参考:手相のクロス(十字紋)については以下で詳しく説明しております

【手相紋占い③】手のひらにバツ印×やプラス印+のようなクロス(十字紋)がある手相
手相の特殊紋についての3回目。 手のひらに、バツ印×やプラス+、カタカナの「メ」のような、「クロス」と呼ばれる十字紋・十字線が...
スポンサーリンク

フォローお願いします(>人<)