結婚線にフィッシュ(魚紋)がある手相

結婚にフィッシュがある手相

いろいろな結婚線の占い方の8回目。

結婚線に魚のようなフィッシュがある手相をご紹介します。

薄い線は見ずに、50㎝ぐらい離れたところからでも判別できるほど、くっきりしているものや、赤みを帯びているものだけを見てください。結婚線が薄い人は結婚線が全く無い手相・かなり線が薄い手相の記事も参考にしてください。

参考 その他の結婚線の記事は↓に集めています。
手相占い:結婚線の見方

スポンサーリンク

結婚線にフィッシュ(魚紋)がある手相の見方

前回は、結婚線に「島」が出ている手相を紹介しましたが、実は「島」ではなく「フィッシュ」であるケースがあるので、今回はその見方を紹介します。

結婚線にフィッシュがある手相の見方

結婚線に島が出ている時は、結婚に関することでよくない暗示がある、と占うのですが、よ~く見ると、島に魚のような尾っぽが付いてることがあります。

これは「島」ではなく「フィッシュ」と言って、ラッキーサインになります。

フィッシュは魚紋や魚線と呼ぶこともあります。

フィッシュと島の違い

フィッシュは、2本の尾っぽが、大体同じくらいの長さであることが条件です。

尾っぽの長さはもっと長くても構いません。

結婚線にフィッシュが付いてる手相は、良いパートナーに巡り合えるという意味がある素晴らしい暗示です

恋愛運もそこそこ良好ですが、結婚を機に、運勢が好転するでしょう!!

「おぃおぃ、尾っぽが付いているだけでこうも違うのか

と言う感じなのです

もし、結婚線に島があるなら、尾っぽを爪でグリグリと書いてフィッシュにしてしまいましょう!前向きな気持ちが、良い出会いを呼び込むものです。

ちなみに、結婚線とくっついていなくても、この位置(水星丘)にフィッシュが出ると、よいビジネスパートナーに恵まれるという吉暗示です。

仕事運はアップしそうです^ – ^

結婚線のフィッシュと間違えやすい例

参考までに、下記のような状態はフィッシュではありません…

結婚線の島から枝分かれする手相の見方

島から伸びる二股の線の長さが明らかに違いますので、この手相は、

「結婚線に島があって、そこから別の線が枝分かれして出ている」

という状態になり、フィッシュとは異なります。

二股という、二つの凶暗示が重なっている事になり、まさにWの悲劇…

もしこの手相を持っていたら、恋愛・結婚にかなりの苦労がついてまわるかもしれません…

我慢を重ねても報われず、不満が積み重なって爆発寸前です。

かなり離婚しやすい結婚線であると言えるでしょう。

でも、結婚線は状態の悪い線や、「乱れ」があっても、その上に明瞭な上向きの線が出ていればOK!

もしご自分の恋愛運や結婚運を変えたいと感じる時は、ぐりぐりと新たな線を爪で書くのも一つの方法です。新しい良い線が出てくるようにイメージしましょう。

参考 フィッシュ(魚紋)については以下で詳しく説明しております

手相占いの特殊紋についての4回目。 手のひらに”フィッシュ”と呼ばれる魚紋がある手相について説明します。 島紋(アイラン...

スポンサーリンク

シェアする

フォローする