結婚線から細い上向きの支線が出ている手相(子宝線)

結婚線から上向きの細い線が出ている手相の見方

いろいろな結婚線の占い方の11回目。

※薄い線は見ずに、50㎝ぐらい離れたところからでも判別できるほど濃くて、くっきりしているものや、赤みを帯びているものだけを見てください。結婚線が薄い人は下記の記事を参考にしてください。

■参考:結婚線が全く無い手相・かなり線が薄い手相

結婚線が全くない手相・かなり結婚線が薄い手相
結婚線が全く無い手相や、結婚線が薄い手相の見方 50センチくらい離れたところから手相を見て、結婚線が判別できない人は、結婚線がなし...

その他の結婚線の記事は↓に集めています。

手相占い:結婚線の見方

スポンサーリンク

結婚線から上向きの細い支線が出ている手相の見方(子宝線)

結婚線から上向きに細い線が出ている手相の見方

結婚線から、上向きに細い線が伸びている手相の占い方を紹介します。

結婚線から、上向きに細い線が、歯ブラシのように立ち上がっていることがあります。

上の画像ではたくさん線を描きましたが、本数は少なくても構いません。

手相では、「上向きに線が伸びている=良い暗示」であることが多いのですが、結婚線の場合も同じで、結婚線から上向きの支線が出ているのは、前向きな気持ちの表れであると言えます。

多少の苦労があっても、プラス思考で乗り越えようとする前向きな姿勢が、自然と幸せを呼ぶのかもしれませんね。

結婚線から上向きの線が出ている人は、明るく前向きにHAPPYな結婚生活を送れることが多く、子宝にも恵まれやすいようです。

この上向きの線のことを子宝線子供線と呼ぶこともあります。

昔は、支線の数が多いほど子宝に恵まれると言われていましたが、この少子化の現代に、4人も5人も子供を産む人は稀でしょうから、この線があれば、親になるチャンスがあると考えてよいのではないでしょうか。

できちゃった婚の可能性も高いでしょう。

以上となります。

スポンサーリンク

フォローお願いします(>人<)