生命線と運命線が交差(クロス)する手相の見方

スポンサーリンク
生命線と運命線がクロスする手相

生命線と運命線が交差(クロス)している手相の見方をご紹介します。

ちなみに運命線とは、中指に向かって伸びている線のことを差します。線が短い時でも中指に向かっているならそれは運命線になります。

いろいろな運命線

もしも、生命線とクロスしている線が、薬指に向かっているならそれは太陽線小指に向かっているなら財運線(遺産相続線と言います)との交差になるわけですが、今回は、中指に向かう線と生命線が交差しているタイプの手相になります。

スポンサーリンク

生命線と運命線がクロスする手相の見方

生命線と運命線が交差する手相

手相のクロス(十字紋)は、出る場所によって意味が微妙なことがありますが、こちらの手相は、「運命線が生命線カーブの内側(親指側)から出ている」という状態になるため、生命線と運命線がクロスしているからと言って、悪い意味はありません。

生命線のカーブの内側のゾーン(膨らんでいる部分)は金星丘と呼ばれ、親や身内を表すゾーンになるのですが、このゾーンから運命線が出ている手相は、跡取り相であると占います。

このゾーンから伸びる明瞭な運命線が、しっかりと中指の下まで伸びているなら、親の七光りを上手に利用して、のし上がっていくタイプでしょう。

良くも悪くも、肉親やご実家との関わりが深い生まれになります。

この手相については過去に一度ご紹介しておりますので、詳しくは、金星丘から運命線が伸びる手相をご覧ください。

運命線のスタート地点で占う方法の2回目は、手のひらの「金星丘」から運命線が伸びている手相の見方です。 手相の運命線は、...

こちらで紹介した手相以外にも、生命線と運命線が交差している、重なっている、一部が接しているという手相は、接し方によって意味が変わりますので、その他の生命線と運命線が接する手相については、

生命線と運命線が接している・繋がっている・合流している手相いろいろ一覧をご覧ください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする