運命線が指の間(指の股)に向かう・入り込む手相の見方

スポンサーリンク
運命線が指の股・間に入り込む、向かう手相

手相の運命線は、中指(正確には中指の付け根の土星丘)に向かう掌線のことを差しますが、ややカーブして、「指の間(股)」に向かう場合があります。

左右の指の間に向かう運命線と、指の股に入り込む運命線をご紹介します。

参考 運命線のその他のゴール地点での占い方は↓にまとめております

運命線が「どこで終わっているか」と言う視点で占う方法を紹介します。 運命線が複数ある人は、それぞれの線の意味を総合して判断して...

参考 運命線はスタート地点も重要です。スタートとゴールを併せて確認してください。

運命線のスタート地点で占う方法(13種)

参考 運命線についての記事は

手相占い:運命線の見方にまとめております

1.運命線が「人差し指と中指の間に向かう」手相の見方

運命線が中指と人差し指の股に向かう手相

「乱れ」のない運命線が感情線を越えて、指の下まで伸びていることはとても良いことで、社会的成功をおさめやすい手相です。

運命線は一般的に、中指の下である「土星丘」がゴール地点になることが多いのですが、人差し指と中指の間に向かっている場合は、人差し指の下である「木星丘」の影響を受けることになります。

木星丘の良い影響を受ける

木星丘についての意味は、手のひらの凹凸で占う手相(丘の意味)をご覧頂きたいのですが、ざっくりとだけ説明すると、「人差し指」は人を指図する指になります。また、人差し指の付け根の「木星丘」は野心の丘と呼ばれています。

なので、人差し指が長い人や、「木星丘」がぷっくりと膨らんで発達していたり、リーダー線という縦線があったり、スタークロスなどの特殊紋がある場合も、木星丘が発達しているとみなし、人の上に立つリーダーとしての活躍が期待できるという具合に占います。

よって、運命線が人差し指に向かってカーブして人差し指と中指の間に向かっているという事は、木星丘の良い面が加わることになり、度量が広くなる、向上心が強くなる、リーダーとしての素質に恵まれるという手相になります。

迷わずに邁進して、夢や高い理想を掴んでください!

2.運命線が「薬指と中指の間に向かう」手相の見方

運命線が中指と薬指の股に向かう手相

1の場合と同じで、運命線が薬指と中指の間に伸びる場合も、社会的成功をおさめやすい手相になります。

薬指と中指の間に向かっている場合は、薬指の下である「太陽丘」の影響を受けることになります。

太陽丘の良い影響を受ける

太陽丘についての意味は、手のひらの凹凸で占う手相(丘の意味)をご覧頂きたいのですが、ざっくりとだけ説明すると、「薬指」は名誉を表す指になります。また、薬指の付け根の「太陽丘」は人気、センス、幸運度を表します

なので、薬指が長い人や、「太陽丘」がぷっくりと膨らんで発達していたり、太陽線という縦線があったり、スターフィッシュなどの特殊紋がある場合も、太陽丘が発達しているとみなし、人気が高まり、センスが引き立ち、運を引き寄せるという具合に占います。

よって、運命線が薬指に向かってカーブして薬指と中指の間に向かっているという事は、運命線と太陽線がミックスした感じになって太陽丘の良い面が加わることになりますから、独自のセンスを武器に、社会的に成功し、地位や名誉を手に入れることが出来そうな手相になります。

3.運命線が指の股に入り込む場合の手相の見方

指の股に入り込む運命線

中指の左右どちらの股でも同じ見方なのですが、運命線が指の股」に完全に入り込んでしまうほど長いのは逆にマイナスで、浪費家になりやすいと言われていますので、幸運を手に入れても散財しすぎないように貯蓄にも努めましょう。

また、頑固になり過ぎて、周りから人が離れて行ってしまうこともあるようです。

これはどの指の場合にも言えることですが、掌線が「基底線」と呼ばれる指の付け根に接したり超えることは(陰出と言います)、成功者となれる強い運を持っている反面、高慢や慢心などの意味がつきまといます。

掌線の陰出

人差し指の場合も中指の場合も、基底線に付くのは天狗になりやすい手相ですから、指の股に完全に入り込んでいる時も、手相を戒めにしてうぬぼれ過ぎないようにしましょう。

運命線は長いと良い面も増えるのですが、手首線よりも下からスタートしてる運命線や、中指まではみ出て陰出している運命線のところでも説明した通り、長すぎると弊害が出てくるようです。

標準よりも長い運命線をお持ちなら、やや控えめを心がけるのが成功の秘訣でしょう。