運命線のゴール(上)が二股に分岐している手相の見方

運命線のゴール(上)が二股に分岐している手相の見方

運命線のゴール地点(上部)が、小さく二股に別れている手相についてご紹介します。

今回は、分岐している線が、両方とも中指付近に向かう『小さな分岐』とお考え下さい。

また、上の画像のように、中指の下で分岐している手相もあれば、もっと下の方で二股に別れて終わる手相もありますので、運命線のゴール地点で占う方法(9種)も併せてご覧ください。

参考 大きな分岐は、↓をご覧ください

運命線の上が大きく分岐する手相の見方

運命線が大きく枝分かれしている手相の見方

スポンサーリンク

運命線の終点(ゴール)が二股に小さく分岐する手相の見方

運命線のゴール(上)が二股に分岐している手相の見方

運命線のゴール地点が小さく分岐している手相は、運命線の意味を強める、とても良い暗示と言えます。

運命線は仕事運や社会運を占う掌線ですから、仕事がうまく行く、社会的に成功し発展できると占います。

他に線に乱れがある場合は、その意味が加わりますが、くっきりとした運命線が小さく二股に分岐して終わるなら、仕事運・社会運は良い方である!とお考えいただければと思います。

たとえ一時的に苦労したとしても、最後にはご自分が納得できる結果を残すことが可能でしょう。

ご自身の信じる道を邁進してください。

参考 もし、分岐した線が、指の股(中指と人差し指の間・中指と薬指の間)に向かっている時、入り込んでいる時は、指の股に向かう運命線の記事も併せてお読みください。

火星平原で二股に分岐する運命線の見方

運命線が火星平原で二股に分岐している手相の見方

もし、くっきりはっきりとした運命線が、感情線よりも下火星平原と呼ばれるゾーンで、早い段階で二股に別れているなら、別の意味が加わります。

火星平原でくっきりと二股に別れているけれど、分岐はそれほど大きくなく、分岐した線はどちらも中指方面に向かっている運命線の見方になります。

分岐の線が薄く、「二股」と言うよりは「枝分かれ」かな?という感じなら、運命線が小さく枝分かれしている手相の見方 を参考にしてください。

終点が二股に分岐している運命線が、良相であることに変わりはありませんが、この場合、二重運命線に近い運命になりやすいようで、複数の仕事を持つ可能性があります。

本業以外に副業をもって、どちらも成功させる力があると覚えておいてください。

二重運命線の手相の見方については、↓で詳しく説明しております。

運命線が2本ある手相の見方(二重運命線)
くっきりとした運命線が、二本あることを『二重運命線』と言います。 ちなみに、力強くくっきりとした運命線が1本だけスッと...

参考 運命線についての記事は、

手相占い 運命線の見方 にまとめております。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする