手相の運命線の本数で占う

運命線の本数で占う

手相の運命線とは、中指に向かって伸びる線のことを差します。

運命線は1本だけある人もいれば、2本、3本…と何本もある人もいらっしゃいます。

ここでは運命線の本数で占う方法をまとめましたが、本数以外にもスタート地点やゴール地点、線の乱れの有り無しも重要ですので、↓の記事も併せてご覧頂き、総合的にご判断ください。

運命線があっても、10cmほど目を近づけなければ判別できないほど、運命線がかなり薄い手相の場合は、↓の記事も参考にしてください。

運命線がない人や、かなり薄い人の手相の見方(運命線の有り無しで占う)

スポンサーリンク

1.運命線が1本だけある手相の見方

運命線が1本だけある手相

手のひらに運命線が1本だけある手相は、一貫性があると占います。転職することはあまりなく、転職した場合でも職種は同じというタイプが多いでしょう。

線の太さや濃淡で意味が変わりますので、詳しくは運命線が1本だけある手相の見方をご覧ください。

2.運命線が2本ある手相の見方

二重運命線のある手相の見方

運命線が2本ある状態を「二重運命線」と呼びます。

二重運命線を持つ人の運命は、副業などの二業を同時に持ったり、複数の事業を展開するなど、二足の草鞋を履くような生き方になりやすいでしょう。

詳しくは、運命線が2本ある手相の見方(二重運命線)をご覧ください。

参考 二重運命線は、2本あるどちらの線もくっきりしている場合を差します。2本のうちの1本が薄い線なら、パートナー線の場合もあります↓。

運命線の隣に寄り添うように伸びる、パートナー線とサポートライン(サポート線)についてご説明します。 この線は、姉妹線と...

3.運命線が3本以上たくさんある手相の見方

運命線が複数ある手相の見方

運命線が3本以上たくさんある人は、多方面での活躍が期待できそうですが、薄くて状態の悪い線が多い場合は、定職を持たずに点々としやすいでしょう。

詳しくは運命線が複数(3本、4本…とたくさん)ある手相の見方をご覧ください。

参考 運命線についての記事は↓にまとめております。

手相占いの運命線のいろいろなパターンを画像付き一覧で紹介しています。この中から、あなたの手相の運命線に近いものを探して占ってみましょ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする