運命線が1本だけある手相の見方

運命線が1本だけある手相

運命線の本数で占う方法をご紹介しておりますが、今回は、運命線が1本だけある手相になります。

  1. 線がはっきりした運命線が1本だけある場合
  2. やや不明瞭な運命線が1本だけある場合

についてご紹介します。

参考 運命線が複数ある人は↓の記事へどうぞ。

運命線が2本ある手相の見方(二重運命線)

運命線が複数(3本、4本…とたくさん)ある手相の見方

参考 10cmほど目を近づけなければ判別できないほど、運命線がかなり薄い場合は↓の記事もあわせてご覧ください。

運命線がない人や薄い人の手相の見方(運命線の有り無しで占う)

参考 運命線についての記事は↓にまとめております。

手相占い:運命線の見方
運命線のスタート地点や、ゴール地点の場所で占う方法、線の状態で占う方法など、このページでは、いろいろな運命線のパターンを画像付き一覧...

スポンサーリンク

運命線が1本だけある手相について

運命線が1本だけある手相

運命線とは中指に向かう縦線のことを差しますが、運命線が1本だけある場合は、一貫性があると占います。

新卒で入社した会社に定年まで勤めあげたり、途中で転職したとしても職種は変えないタイプになります。

運命線の本数以外にも、線のスタート地点やゴール地点、線の状態などでも意味が変わりますので、以下の点も併せてご覧頂き、総合的にご判断ください。

運命線がはっきりくっきり明瞭か、ぼやーっと不明瞭かの判断基準

運命線が、三大線(生命線・知能線・感情線)と同じくらいの太さや濃さであれば、かなりの明瞭で、はっきりくっきりしていると言えます。

三大線ほど濃くはないけれど、30cmほど離れたところから見ても運命線が判別できるなら、明瞭と言ってもよいと思います。

10cmほど目を近づけて、よーく見なければ判別できないような線なら、かなり不明瞭になりますので↓も併せてご覧ください。

参考 運命線がない人やかなり薄い人の手相の見方(運命線の有り無しで占う)

1.はっきりとした運命線が1本だけある手相の見方

明瞭なくっきりした運命線が1本ある手相

はっきりくっきりとした力強い運命線が、1本だけしっかりと中指に向かって伸びている手相は、1つの仕事を極める、プロフェッショナルな生き方をする場合が多いようです。

社会的に順調な発展を遂げる可能性が高い、楽しみな手相です。

特に「天下筋」と呼ばれる、くっきりした線が、手首の少し上あたりから、中指の下に向かって一直線に伸びている運命線を持つなら、若い頃から頭角を現し、早くに成功を手に入れることが出来る上に、その成功が晩年まで続くという、本当に素晴らしい手相になります。

天下筋のある手相

ここまでの運命線は、なかなかお目にかかれるものではありませんが、乱れのないくっきりした運命線が1本だけあって、その線がしっかりと知能線と、その上の感情線を越えて、中指の下まで伸びているなら、頑張った努力がちゃんと報われるタイプの手相です!

運命線に並行して太陽線があるなら尚良し!社会的に成功することは確実でしょう。

運命線と太陽線が並行してある手相

迷うことなく、1つの道を邁進してください。

女性は後家相

但し、女性はちょっと注意です!

女性であっても社会的な成功は手に入れやすいのですが、仕事と家庭を両立することが難しい手相になります。

天下筋や、それに近いような、力強い運命線が1本だけある手相を持つ場合、その家の主の相ですから、一家の大黒柱となります。

女性は女主(おんなあるじ)の相ですから、家内(かない)と呼ばれて、夫の影になって生きることはできません。

1つの家に、主(あるじ)は二人も要りませんから、よほど理解のあるお相手を選ばなければ、離婚して後家(寡婦)になります。

今時、一度や二度の離婚を、否定的に捉える必要はありませんが、パートナーとうまくやっていきたいとお考えなら注意が必要です。

同級生のような自分と近いお相手と結婚するのが一番ダメです。喧嘩の対象にならないくらいの格差がある相手や、ひと回りくらい年上か、年下のお相手を選ぶか、ヒモやペットのような頼りないお相手を選ぶようにしてあなたが養ってあげてください。

そうすれば陰陽のバランスが取れて結婚生活が持続します。

また、パワーが強すぎて夫を吹き飛ばしてしまうのか、旦那が早死にすることもあります。

仕事に打ち込んでいる間に適齢期を過ぎてしまい、一生独身を通す “行かず後家”にも多い手相です。

いずれにしろ、女性はボーっと生きていたらになりやすいので、いつかは子供を産みたい、家庭を持ちたい、という夢がお有りなら、早めに計画的に行動したり、失敗しないようにしっかりと相手を見極めるようにしましょう。

2.やや不明瞭な運命線が1本だけある手相の見方

ぼやーっとした薄い細い線の運命線が1本だけある手相の見方

1本の運命線が中指に向かって伸びていて、その線が細かったり、やや薄い場合の手相になります。

多少、線が薄くても、ぱっと見で存在がわかるくらいの、乱れのない運命線があるということは、それなりに社会と関わる生涯を送ることになりますし、努力しても報われない等の不運を示唆するのもではありません。

一つの道を継続していく傾向が強いところは、線が明瞭な場合と同じなのですが、ただそれが、自分の意志に反する可能性が高いようです。

それなりの仕事や地位を持つことはできるけれど、望まない仕事を続けざるを得ない、何かに縛られてそこから逃れられない…。

そんな状況になりやすいでしょう。例をあげるとすれば、やむを得ず家業を継いだり、自分の一存では簡単に辞められないような感じでしょうか。

もし、このような運命線の隣に、並行して太陽線があるなら、運命線に力がなくても太陽線が補助してくれることになるため、社会的な幸運に恵まれ、満足のいく人生になります。

薄い運命線の隣に太陽線がある手相

例え、望まない仕事であっても、お給料や待遇が良かったり、プライベートが充実しているなど、別の楽しみを持つことが出来るはずでしょう。

しかし、太陽線の恩恵がない場合は、やりたくもない仕事に打ち込まなければならない状況になりやすいでしょう。

仕事は人生の大半を占めるものですから、楽しくないことを嫌々続けるのは、退屈でつまらない人生になってしまいます。

苦痛な毎日をただ我慢するのではなく、小さくてもいいので、目標や”やりがい”を見出して、仕事を楽しむ努力をすることで、心豊かな人生を送れるようになるものです。

そのように意識することで、いつの間にか太陽線が出てきたり、運命線が明瞭になってきて、運命も良い方向に変化していくはずです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする