運命線に二股・三又・支線・枝分かれ・分岐のある手相いろいろ

運命線の支線・分岐・枝分かれ・合流などがある手相

運命線とは、中指に向かう掌線のことであり、主に仕事運や社会運を占う掌線になりますが、真っ直ぐ伸びている時もあれば、起点(下)や終点(上)が、二股や三又に分岐していたり、明瞭な分岐とは言えないまでも、薄い別の線が合流していたり、線の途中で枝分れするものもあります。

一概には言えませんが、分岐が明瞭な場合は二股や三又と呼びますが、支線の方が細くて薄い場合は影響線と判断することが多いです。

運命線の分岐や支線は、割と良い意味であることが多く、仕事や社会運の発展性を表すのですが、分岐地点や、線の状態によって意味が変わりますので、ここでは、運命線の支線・分岐について、いろいろなパータンをまとめました。

スポンサーリンク

運命線の起点(下)が分岐している手相

運命線の起点(下)が二股に別れている手相の見方 6種

運命線の起点が二股に別れている手相

二股大根のように、運命線の下部が、同じくらいの太さの2本の線で分岐しているという感じの、起点がくっきりと二股の運命線になります。

運命線に合流する別の線(影響線)がある手相の見方

運命線に流れ込む影響線

二股大根のようではないけれど、運命線の下部が枝分かれしている手相になります。

二股というよりは別の線が合流している、または枝分かれしているような感じならこちらをご覧ください。

このような線は、運命線の影響線になります。

運命線の起点(下)が3本に枝分かれしている手相の見方

運命線の起点が3本に枝分かれして三又の手相の見方

運命線の下部が、くっきりと三又に分かれているタイプの手相になります。

三つ又が大きい場合と、小さい場合を説明しております。

三つ又が明瞭でなく、枝毛のような感じなら、影響線である場合もあります。

運命線の終点(上)が分岐している手相

運命線の上部が大きく分岐して、分岐した線が別の指に向かう手相になります。

1.運命線から分岐した線が人指し指に向かう手相

運命線が枝分かれして人差し指の見方

2.運命線から分岐した線が薬指に向かう手相

運命線が枝分かれして薬指に向かう手相

3.運命線から分岐した線が小指に向かう手相

運命線が枝分かれして小指に向かう手相

上の画像の1.2.3の内、1本でもあれば良い手相ですが、2と3の線が両方あるなら、覇王線になります。1.2.3が全部あるなら最強の覇王線になります。

運命線の上が大きく分岐する手相の見方

参考

ラッキーな手相9 覇王線(羽扇線・三奇紋・三喜紋)のある手相
luckyな良い暗示の手相を、順に紹介しております。 9回目の今日は、覇王線(はおうせん)がある手相です。 ↑の...

運命線のゴール(上)が二股に分岐している手相の見方

運命線のゴール(上)が二股に分岐している手相の見方

運命線の上部が、小さく二股に分岐している手相になります。分岐した線がどちらも中指の付近に向かっている場合はこちらです。

運命線が小さく枝分かれしている手相の見方

運命線の小さな枝分かれ

運命線から上向きの枝が出ているような手相になります。

この枝分かれが、運命線の上部にあると二又のように見えますが、線の状態を見て、明瞭な分岐というよりは、枝分れという感じなら、こちらをご覧ください。

運命線のゴール(上)が三つ又に分岐している手相の見方(運命線のトライデント)

運命線の終点が三又の手相

運命線の上部が三ツ又に別れている、トライデントと呼ばれる手相になります。

三又と言っても、まるで枝毛のような弱々しい枝分かれもあれば、くっきりと三つ又に分かれている場合もありますので、2種類ご紹介しています。

参考 その他の運命線の記事については、手相占い:運命線の見方 にまとめております

スポンサーリンク

シェアする

フォローする