運命線が小さく枝分かれしている手相の見方(運命線の分岐)

運命線の小さな枝分かれ

運命線の上が分岐している手相の中で、メインの運命線から小さな枝が出ているような感じの、「二股」と言うよりは「枝分かれ」という手相の見方をご紹介します。

参考 大きな分岐は↓をご覧ください。

運命線の上が大きく分岐する手相の見方

運命線が大きく枝分かれしている手相の見方(運命線の分岐・支線)

スポンサーリンク

運命線が小さく枝分かれする手相の見方

運命線の小さな枝分かれ

運命線から、別の線が小さく枝分かれしているような手相は、運が開くことを意味しています。

以前ご紹介した努力線のところで、生命線から出ている上向きの努力開運線(昇り龍線)をご紹介しましたが、この運命線からの小さい枝分かれも同じで、とても良い暗示を表す線であり、開運線の一種になります。

新しい「芽」や「枝」が生えているようにイメージでき、運命線の意味を強調しますから、開運線が出ている時は、発展が期待できそうですし、他に線に乱れがなければ、社会運や仕事運は良好と見てよいでしょう。

薄い線でもあればよいですし、分岐の線が、ぱっと見で確認できるときは、より大きな発展が期待できそうです

枝分かれが下の方にあるなら、若い頃に発展できそうですし、上のゴール地点に近い部分で枝分かれしているなら、最終的に良い成果を残すことができそうです。

開運の具体的な時期は、流年法でチェックしてください。

参考 もし、運命線のゴール地点の分岐が、かなりしっかりしていて、「枝分かれと言うよりは二股」という感じなら、運命線のゴール(上)が二股に分岐 も参考にしてください。

運命線のゴール(上)が二股に分岐している手相の見方
運命線のゴール地点(上部)が、小さく二股に別れている手相についてご紹介します。 今回は、分岐している線が、両方とも中指...

開運の時期を流年法でチェック!

運命線の枝分かれがあるところを、↓の流年法に当てはめて頂ければ、どの年齢の時に運が良くなりやすいかが分かります。

運命線の流年法

参考 手相で運命が変化しやすい年齢を占う【運命線の流年法の見方】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする