結婚線にトライアングル(三角紋)がある手相の見方

結婚線のトライアングル△紋

小指の下のゾーン(水星丘)に、手の側面から出ている横線のことを結婚線と呼びますが、

の手相の見方をご紹介します。

スポンサーリンク

手相に出るトラアングル(三角紋)について

手相のトライアングルは三角紋とも呼ばれていて、3本の線で△印を形成している状態を指します。

過去に、手のひらにトライアングル△(三角紋)がある手相のところでもご紹介しましたが、トライアングルがどういうものなのかを、少しだけ説明します。

手相のトライアングルの説明

トライアングルは、上の画像Aのように、どの線にも接することなく単独で現れるものと、画像Bのように生命線や頭脳線、太陽線などの掌線に接触して現れるものがあります。

画像Cのように、生命線や頭脳線などの掌線上にトライアングルがある場合は、概ね凶暗示となります。

画像Dのように、掌線が三角形の辺の一部になっているものは、トライアングルではなく、障害線島(アイランド)の一種となり、掌線の意味を弱めます。

結婚線にトライアングルがある手相の見方

それでは、結婚線上にトライアングル(三角のマーク)がある手相の見方をご紹介ます。

結婚線に三角△の印が接している手相の見方

感情線に三角△印がくっついている手相

まず、結婚線にトライアングルがくっついているような手相は、吉報のサインです。

接する場所は、結婚線のどこでも構いませんが、結婚線上に”重ならない”という事が条件です。

結婚に関することや、パートナーに関することで、よい出来事が起こる前触れでしょう。

クッキリと赤みを帯びた、明瞭なトライアングルなら、結婚運は良好です。

薄い線でも、今までなかったところに突然トライアングルが現れていたら、予想外の出来事が起こりやすい時でもあります。

独身の方は、意外なお相手が実は運命の人だったりしますから、良い出会いを逃さないように、日ごろから恋愛対象を広げるように心がけましょう。

結婚線上に三角△が重なっている手相

結婚線に三角が重なっている手相

結婚線の上に、三角の印が重なっているような手相は、残念ながら障害線とみなし、凶暗示となります。

結婚やパートナーに関することで、悩みやすいでしょう。

ゴタゴタや喧嘩、ご縁がまとまらないなど、結婚運はあまり良い方とは言えません。

詳しくは、結婚線に障害線がある手相をご覧ください↓

結婚線の途中に縦線(障害線)が入っている手相
いろいろな結婚線の占い方の24回目。 結婚線に、縦線(障害線)が入っている手相の占い方を2種類ご紹介します。 結婚線の途中に...

参考 その他の結婚線に関する記事は、手相占い:結婚線の見方の方に集めております。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする