太陽線がたくさん(3本以上)ある手相の見方

太陽線が3本以上たくさんある手相

太陽線がたくさんある手相の見方をご紹介します。

線が3本以上あるなら、「たくさん」の部類に入るでしょう。

太陽線は小指の下のゾーン(太陽丘)に現れる縦線で、幸運度を占うバロメーターの役割をしますが、線の濃さや、質で意味が変わります。

線が濃くて、質の良い太陽線が2本・3本…と複数あるなら、大きな幸運に恵まれる可能性がぐんと高まります。

参考記事 太陽線の占い方は、手相の見方:太陽線を占う時の基礎的なポイントをご覧ください。

関連記事まとめ 太陽線を本数で占う見方

1.濃い太陽線が3本、4本…とたくさんある手相

太陽線が3本以上ある手相

小指の下の太陽丘という狭いゾーンに、手のひらをピンと反っても消えないくらいのクッキリとした太陽線が3本以上出ることは、かなり稀で、そうそうある手相ではありません。

くっきりとした太陽線がたくさんあるなら、多才でセンス抜群!

何をやらせも上手い、デキる人に多いでしょう。

溢れる才能に恵まれ、幸運が約束されたような手相です。

人生のバリエーションが豊富で多くのチャンスに恵まれ、挑戦したことを次々に成功させるなど、とにかく運をつかみ取る力が強いでしょう。

特に長さが長い時は、一般人には縁のない桁外れの幸運に恵まれるはず。

そのような手ごたえをまだ感じていないなら、是非とも運を試して欲しい手相です。

億万長者の相

3本以上のくっきりした太陽線が、まるで花が開くように広がっていると、億万長者の相と呼ばれる大吉相です。

太陽線が3本ある億万長者の相

3本が合流して、噴水のようになっていてもOK!

上に向かって広がっているなら、いつかは大きな財を手に入れることが可能でしょう。

太陽線の長さが長いなら、より成功への道は開かれているでしょう。

2.薄い太陽線が3本、4本…とたくさんある手相

線の薄い太陽線がたくさんある手相

太陽丘に、細かい縦線がたくさんあるけれどどれもはっきりしない…手をピンと伸ばすと消えてしまうくらい線が薄い、弱々しい状態なら、残念ながら「億万長者の相」ではありません・・・

手相占いでは、線の明瞭さはエネルギーの強弱を表すため、たくさんあってもどの線も弱いなら、太陽線の威力はあまり期待できないかもしれません。

多才なところは線が濃い場合と同じですが、器用貧乏で終わりやすく、あれもこれもと手を出しすぎて、どれも大成しないまま中途半端で終わりやすいので、手相通りにならないように注意が必要です。

太陽線は、歳を重ねるうちに線が濃くなったり、本数が増えることがありますので、本当に極めたいものは何かを考え、一番大切なことに才能や時間を費やすように意識して励めば、徐々に線も濃くなって開運していくはずです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする