人差指の下(木星丘)に「井の字」の紋(♯・スクエア)がある手相の見方(聖職紋・玉井紋)

玉井紋・聖職紋・木星丘のスクエア

人差し指の下のゾーンは、木星丘と呼ばれていて指導力や支配力を表す丘ですが、このゾーンに井の字の紋(♯・スクエア)がある手相をご紹介します。

木星丘がぷっくりとふくらんで発達している人は、教育者など人を指導する立場となったり、リーダーシップを発揮し、逆に木星丘が平らな人や陥没している人は、消極的で依存的な人間になりやすいと言われています。

この木星丘にスクエア・四角紋(□◇♯)がある場合も、木星丘が発達していると見なし、教育者や指導者に多い手相でしょう。

木星丘のスクエア

通常、手のひらに出る四角紋は、一旦はマイナス要素が加わるが、いずれはプラスに変化していくという「逆転運」の意味がある「紋」になりますが、この木星丘にあるスクエアの、特に井の字は、ちょっと特別な意味があります。

スポンサーリンク

聖職紋・玉井紋(木星丘の井の字)がある手相の見方

玉井紋・聖職紋・木星丘のスクエア

木星丘に出る「井の字」は、他の場所にでるスクエアや井の字と違った意味があり、自分のことを犠牲にしてでも人のために生きると占います。

この木星丘にでる井の字の紋のことを、別名で、聖職紋玉井紋と呼びますが、品格が高い、高尚な紋になります。

実際に教師や医師、政治家、弁護士など、”先生”と呼ばれる職業に就いている人が多いようですが、他には僧侶などの宗教家にも表れることがあり、聖職紋・玉井紋が出ている人は、人を教育したり、導いていく才能があると占います。

この「井の字」がクッキリと深く刻まれているなら、よりその傾向が強くなり、人から尊敬される生き方をするでしょう。

しかし、自分のことを後回しにして、生徒など、他人のことを優先しがちですから、プライベートを犠牲にしたり、家族やパートナーには寂しい思いをさせてしまうかもしれませんので、私生活とのバランスを大切にしてください。

また、木星丘のスクエア(井の字を含む□◇♯)は、他にも良い意味があり、願望が叶う良いしるしでもあります。

これまでなかったのに、この場所にスクエアがでていたら、人生が良い方向に動き出すサインかもしれません。もちろん、迷っているなら前に進んでもOKです。

関連記事

その他の四角紋(井の字やスクエア)や、スクエアの意味については↓で詳しく記事にしています。

手相の特殊紋についての6回目。 手のひらにスクエアと呼ばれる四角紋がある手相について説明します。 スクエアは大き...
手相の特殊紋について、6回目のその2。 手のひらに”スクエア”と呼ばれる四角紋が、生命線や運命線などの掌線上にある手相について...

また、井の字の他にも、木星丘にはいろいろな「線」や「紋」がありますので、宜しければ↓も参考にしてください。

手のひらの、人指し指の下の木星丘と呼ばれるゾーンに縦や横などの線が出ている場合の手相占いの見方を集めてみました。 人指...
手のひらの、人指し指の下の木星丘と呼ばれるゾーンに紋が出ている場合の手相占いの見方を集めてみました。 人指し指の下のゾ...