人差し指の下(木星丘)付近に線が出る手相一覧

木星丘に出る線

手のひらの、人指し指の下の木星丘と呼ばれるゾーンにが出ている場合の手相占いの見方を集めてみました。

人指し指の下のゾーンは木星丘と呼ばれておりますが、木星丘は向上心を表すであり、木星丘が発達している人は、積極的で指導力を発揮する人が多いのが特徴です。

人指し指の下の木星丘

また、木星丘には「野心の丘」という別名もあり、木星丘が発達するほど野心が強くなるのです!

よって、出世や社会的地位の向上に大きく関係するため、会社員や公務員などの組織に属している人にとっては、何らかの発達があることが望ましい丘になります。

「発達」というのは、

という状態を指します。

ちなみに人差し指の長さは、手のひらをピンと伸ばした状態で、人指し指よりも薬指の方が長いのが標準で、人指し指が薬指と同じくらいなら長いほうですし、薬指よりも人差し指が長いならかなり長いとお考え下さい。

スポンサーリンク

「ソロモンの環」がある手相

ソロモンの環がある手相

人指し指の付け根をぐるりの囲むように出ている手相は、リング(環紋)の一種で、ソロモンの環(輪)と呼ばれています。

生まれつき頭が良い人が多く、何をやっても呑み込みが早いという幸運の印です。

ソロモンの輪は、二重、三重と重なって出ている人もおり、より幸運が増すのです!

ソロモンの環については↓で詳しくご紹介しています。

ラッキーな手相12 人差指の下にソロモンの環(木星環)が二重になっている手相
luckyな良い暗示の手相を、順に紹介しております。 12回目の今日は、ソロモンの環が二重(三重も含む)になっている手相です。...

「マネージメント線」がある手相

マネージメント線がある手相

人指し指の付け根をグルっと囲む「ソロモンの環」に対して、人指し指の付け根と生命線(知能線)の起点との間から出ている線は、マネージメント線(マネージャー線)になります。

線が人差し指と中指の股に入らずに途中で切れている時もあります。

また、手の側面から出ていない時も、マネージメント線です。木星丘の中央に横線が入る場合は全般的にマネージメント線とお考え下さい。

マネージメント線

マネージメント線がある人は、管理能力に優れています。

マネージメント線については↓で詳しくご紹介しています。

人差し指の下(木星丘)に横線がある手相の見方(マネージメント線・マネージャー線)
人指し指の付け根の下のゾーンに、横線が出ている手相占いの見方をご紹介します。 人差し指の下には、よく似た線がたくさんあ...

「千金紋」がある手相

千金紋がある手相の見方

千金紋は、生命線と同じ起点から、中指に向かって線が伸びている手相で、「成り上がり線」や「はいあがり線」と呼ばれている線と同じで、どん底からはい上がることが出来る運の強い手相になります。

知能線が生命線と同じ起点の人は、3つの線の起点が同じになり、アイデアで勝負できる手相になります。

千金紋のある手相

千金紋については↓で詳しくご紹介しております。

ラッキーな手相11 千金紋(はいあがり線・成り上がり線)がある手相
luckyな良い暗示の手相を、順に紹介しております。 11回目の今日は、千金紋がある手相です。 上の画像のように、生命線...

「向上線」のある手相

向上線のある手相

向上線とは「希望線」とも呼ばれている、生命線を起点として人指し指に向かって伸びる手相のことです。

生命線を起点として、上に向かって伸びる線は、どの指に向かっていても「努力線」と呼ばれており、向上線は努力線の一種という事になります。

向上線があることで、向上心が強くなり、目標に向かって頑張ろうとする力がみなぎってくるのです。

向上線については↓で詳しくご紹介しております。

生命線から人差し指に向かって立ち上がる線(向上線・希望線)がある手相
前回、↓↓↓の記事で、生命線を起点にして上に立ち上がる努力線について触れました。 この努力線の中から、向上線・...

知能線から人差し指に向かう支線が出ている手相

知能線から人指し指に向かう支線がある手相

知能線の上から、人指し指に向かう支線が出ている手相になります。

上でご紹介した「向上線」がある手相は、頑張り屋で向上心が高いタイプの人が多いので、目標が達成しやすい吉相ですが、知能線から出ている場合も、よく似た傾向があり、地位や権力や成功に対する願望が強い、野心家タイプとなります。

もし、この線が複数あるなら、よりその傾向が強くなります。

強く願えば夢は叶うもの!

でも、ただ頭の中で願っているだけではダメで、その夢を実現させるためには行動することに必要です。

この線にプラスして、運命線太陽線があれば、より成功に近づくでしょう。

「リーダー線」がある手相

リーダー線・指導線

リーダー線は「指導線」とも呼ばれていて、木星丘に縦に入る線と、親指側にやや傾いて斜めに入る線があり、どちらもリーダー線になります。

斜めに傾くほど柔らかいタイプのリーダーになりますが、明瞭な線が真っすぐ縦に入る時は、かなりのボスタイプです。

※リーダー線の、線が短い時(弱い時)は「引き立て線」と呼ぶ見方もあります。

※線が横に入る時や、小指側に傾くときはマネージメント線になります。

リーダー線(引立て線)については↓で詳しくご紹介しております。

人差し指の下(木星丘)に縦線がある手相(リーダー線・指導線)
ラッキーな手相のところで努力線を紹介してから、その記事の補足として、人差し指の下(木星丘)にある努力線(向上線・希望線)について、前...

「社交線」がある手相

社交線がある手相

社交線は、「少し斜めに傾いているリーダー線」や、「自己顕示欲線」とよく似た場所に出るので間違えやすいのですが、線の出る位置が、

リーダー線と自己顕示欲線と社交線の違い

  • 人差し指と中指の間の下のゾーンにあって
  • 指の股に入り込んでいない

なら、「社交線」である可能性が高いようです。

社交線は、陽気で明るく社交的な人に現れる相です。

社交線については↓で詳しくご紹介しております。

感情線の上にもう一本別の線がある手相-その2(社交線)
感情線の上に、もう1本別の線があって「自分の手相は線が1本多い?」という方向けの記事です。 感情線の上に平行して別の線...

「自己顕示欲線」がある手相

自己顕示欲線のある手相

「斜めに傾いたリーダー線」や「社交線」と間違えやすい線で、「自己顕示欲線」というものもあります。

「自己顕示欲線」は中指と人差し指の股から出ている短い線になります。

感情線が股に入り込んでいる手相とは異なります。

その違いを説明すると、

リーダー線と自己顕示欲線と社交線の違い

  • リーダー線:木星丘の中央に出る線(生命線や知能線に接していない)
  • 社交線:人指し指と中指の間の下のゾーンに出る線
  • 自己顕示欲線:人指し指と中指の股に入る線

となります。

自己顕示欲線については↓で詳しくご紹介しております。

感情線の上にもう一本別の線がある手相-その4(自己顕示欲線・タレント線)
感情線の上にもう一本別の線が出ている場合の手相の見方を紹介しております。 今回は、人差し指と中指の間から、短い線が出て...

参考 この他にも、木星丘の「井の字」や、木星丘の「十字」など、人指し指の下に「紋」がある手相も、大変良い兆しになります。

人指し指の下に出る紋いろいろ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする