結婚線上にクロス・十字紋(×印 +印)がある手相

いろいろな結婚線の占い方の6回目。

結婚線の上にクロス(×印)がある手相の占い方を紹介します。

薄い線は見ずに、50㎝ぐらい離れたところからでも判別できるほど、くっきりしているものや、赤みを帯びているものだけを見てください。結婚線が薄い人は結婚線が全く無い手相・かなり線が薄い手相の記事も参考にしてください。

スポンサーリンク

手のひらにあるクロス・十字紋(×印 +印)の定義

手のひらのクロスの画像

クロス・十字紋(×印 バツ印 +印)と言うのは、手のひら上に、2本の線が掛け合わさっている状態を言います。

生命線や結婚線などの、線の上に重なるように出るクロスは、3本の線が合わさっているので、一見、スター(星紋)のように見えますが、似て非なるものとなります。

掌のスター(星)の画像

もし結婚線上にスターを持っているなら、大変ラッキーですが、クロスならちょっと残念な印です。

結婚線にクロス・十字紋がある手相の見方

結婚線上にスターがある手相の見方

結婚線の上にクロス(×印)がある手相の占い方を紹介します。

結婚線にクロスと呼ばれるバツ印がある手相を持つ人は、平穏な結婚生活とは縁が薄いという意味があります。

残念ながら線上のクロスは、戸籍に×が付く可能性が高い、離婚やトラブル、不運を表す印なのです。

結婚線が1本だけ濃くてくっきりとしていたり、赤みを帯びていたり、線が上向きなら、とても良い恋愛や結婚ができるというラッキーな暗示なのですが、ここにクロスがあると、マイナス要素が加わり、恋愛や結婚に関することが、何かとスムーズにいかなくなってしまいます

常にゴタゴタや心配事を抱えた結婚生活になりやすいでしょう。

もし、↓のように、かなり下がった結婚線にクロスがある場合は、パートナーが突然消えやすい相です。病や事故などで急に亡くなることもあります。

下向きの結婚線にクロスがある手相

結婚線の先端のクロスには注意!

結婚線上にスターがある手相の見方

上の画像のように、結婚線の先端部分にクロスがある場合は、特に注意が必要で、結婚後に大きな事件や問題が起こりやすい手相です。

どちらかのちょっとした浮気が訴訟にまで発展したり、泥沼の修羅場をくぐり抜けることになるかもしれません…

例え、どんなことが起こっても、品性だけは失くさないようにして下さいね。

もし、線上にクロスがでていたら、爪でグリグリと線をもう1本書いて、スターになるようイメージしましょう!

毎日書いていると、いつの間にかスターに変化していくものです。

参考 クロス(十字紋)については以下のページで詳しく説明しております

手相占いの特殊紋についての2回目。 手のひらに3本の線が重なってできる、アスタリスク*のような印、「スター」と呼ばれる星紋がある手相に...

参考 その他の結婚線の記事は↓に集めています。
手相占い:結婚線の見方