頭脳線が不明瞭な手相の見方(薄い・細い・浅い)

頭脳線が薄くて細い手相

頭脳線が薄い、線が細い、線が見立たない…という、頭脳線が不明瞭な手相の意味をご紹介します。

頭脳線の”明瞭さ”を見る時は、生命線・感情線と比較します。

3本とも同じくらいの状態なら、「知性、健康、感情のバランス」の3拍子が揃った良い手相ですが、この3大線の中で頭脳線だけが特別に薄いなら、知性が不足ぎみになりますので、物事を深く考えることが苦手なタイプと占います。

線が細い場合でも、彫刻刀で削ったように深いなら、それは不明瞭には入りません。

スポンサーリンク

頭脳線が薄い・細い・浅い手相の見方

頭脳線が薄くて細い手相

生命線や感情線と比べて、頭脳線が薄くて目立たない…という手相は、物事を考えるのが苦手なため、どう決断していいのかがわからず、流れに身を任せようとしたり、人任せにすることが多いでしょう。

考えても自分で答えが出せない、考えると余計に不安になるから…と、必要以上に考えない癖が付いてしまうのかもしれません。

決して、”やる気がない”という訳ではないのですが、気力が不足ぎみで意志も弱めなので、そう見えてしまいやすいようです。

段取りを考えるのも苦手で、幹事などを任されると苦痛を感じますから、誰かの下でサポートをするような役割が向いています。

もしも責任あるポストを任された場合は、自分に合わないことをさせられて、かなりのストレスを感じるでしょう。

不明瞭な頭脳線には、根気がないという意味もありますので、任されたことを途中で放り出したり、意図を読まないで「適当でいいや」といい加減なことをやってしまうと、無能扱いされたり、信用を失うことに繋がりますから、そこは十分に気を付けてください。

また、相手の意図を理解しようと努力することで、コミュニケーションが円滑になりますから、できる限りでよいので、考える癖をつけてくださいね。

参考 頭脳線についての記事は、手相占い:頭脳線の見方にまとめております

スポンサーリンク

シェアする

フォローする