頭脳線が完全にない手相の見方

頭脳線がない手相の見方

頭脳線がない手相は、下の3つのどれかに該当すると思われます。

  1. 完全に頭脳線がない ←今回はココ
  2. 頭脳線と感情線が一本に合体している”マスカケ相”
  3. 頭脳線の位置が意外な場所にずれている

今回は1の頭脳線が完全に「ない」手相について記事にしてみたいと思います。

頭脳線は「手相の基本三大線」に入る重要な線ですので、頭脳線が完全に無いのは、かなり稀な手相になります。

「自分の手相は線が1本足りない…」「感情線か頭脳線のどちらかがない!?」と思っていたら、頭脳線が感情線と重なって1本に合体しているマスカケ相(百握りとも言います)だった!というケースが圧倒的に多いようです。

マスカケ相の手相

参考 ますかけの見方については↓をご覧ください。

「自分の手相は線が1本足りない!?」という人は、桝掛線(ますかけ線)の持ち主であることが多いようです。 桝掛線には、「...
感情線の終点で占う見方、今回はその4回目でマスカケ相について詳しく紹介したいと思います。10.感情線が頭脳線(知能線)と1本に重なっているマスカケ相の見方 感情線が頭脳線(知能線)と重なって1本になっている人は、マスカケ相と言います。人と比べると1本線が足りない!?と言う感じの手相です。マスカケ相の特徴 マスカケ相の人の恋愛傾向 女性のマスカケは男選びに注意!

スポンサーリンク

頭脳線が完全に「ない」手相の見方

頭脳線がない手相の見方

ますかけ相は、大抵、横一文字の線ですが、感情線が普通に上向きの状態で、その下に明瞭な線が全く見当たらないなら、頭脳線が完全に「ない」手相になります。

ちなみに頭脳線は、生命線や感情線と同じくらいくっきりとした線ですが、人によっては薄いことがあります。「頭脳線らしき線があるにはあるけど薄い…」という手相をお持ちなら、頭脳線が不明瞭な手相の見方(薄い・細い・浅い)をご覧ください。

それでは改めまして。

手相占いでは、頭脳線を境にして、手のひらを上半分と下半分に分けて占う方法があるのですが、

頭脳線を境にして掌の面積で占う

  • 上半分の面積が小さいほど、お金や物への執着心が強くなり
  • 上半分の面積が大きいほど、お金や物への執着心が弱くなります。

指の長さや、手の形によっても差は生まれますが、一般的に頭脳線が下にあればあるほど、上半分の面積が広くなるため、お金や物への執着心がなくなり、商売や金儲けは下手になります。

頭脳線は、手のひらの真ん中くらいにあることが多いですから、標準的な頭脳線を持っているなら、このバランスも良いことになります。

しかし、その基準となる頭脳線が「ない」なら、中心があいまいな手相と言う事になるので、何事においてもぶれやすく、数奇な運命を歩みやすいと占います。

自分にはどういう道が向いているのか、どんな仕事が合っているのか…考えれば考えるほどわからなくなって、どっちつかずになるのかもしれません。

転職を繰り返したり、あちこち転々と流浪人のようにさすらう人生になりやすいので、人生の迷子にならないように、自分で自分の軸をしっかりと持つことが大切でしょう。

参考 頭脳線に関する記事は、手相占い:頭脳線の見方にまとめております。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする