頭脳線が明瞭な手相の見方(濃い・太い・深い)

スポンサーリンク
頭脳線(知能線)がくっきり濃い明瞭な手相

頭脳線がくっきりとして濃い、線が明瞭、という手相をご紹介します。

頭脳線が薄い人はコチラへ

手相占いで「頭の良さ」を占うとすれば、頭脳線の「本数」と「明瞭さ」がポイントと言えますが、ここでは”明瞭さ”について書いてみます。

頭脳線の「明瞭さ」を見る時は、生命線・感情線と比較します。

3本とも同じくらいかなりクッキリとしているなら、「知性、健康、感情のバランス」が3拍子が揃った素晴らしい手相ですが、この3大線の中で頭脳線だけがズバ抜けて明瞭なら、知性が発達している可能性が高くなります。

線が太い場合でも、浅くボヤーっと広がっているのはあまり良い手相ではありません。

線が細くても、彫刻刀で削ったように深く刻まれているなら、それも明瞭な部類に入ります。

参考 頭脳線についての記事は、手相占い:頭脳線の見方にまとめております

頭脳線が明瞭な(濃い・太い・深い)手相の見方

頭脳線が太くて濃い手相の見方

手相占いでは、線の明瞭さはエネルギーの強弱を表しますから、頭脳線がくっきりと明瞭な手相は、知のエネルギーが強く満ち溢れている状態となるため、賢い人が多く、常に頭を働かせています。

明瞭な頭脳線には、知識がたくさん詰まっているようなイメージでしょう。

生命線よりも頭脳線の方が明らかに明瞭なら、筋トレより脳トレが好き!?かどうかまではわかりませんが、どちらかと言えば身体を使うことよりも頭を使う方が得意で、多くの知識を貯えたり、頭を使って策を練ることが苦ではないタイプになります。

明瞭な頭脳線を持つなら、良い資質を持っていることは間違いありませんが、その優秀な頭脳を実社会に活かせるか否かは、頭脳線の向かう方向や長さなども併せて占う必要があります。

障害線や島などの「乱れ」なく、きれいに線が走っているなら、視界がクリアーな状態ですから、目標までの道筋をしっかりと立てて、ゴールまで到達できそうな気がします。

但し、時に頭でっかちになりすぎて、「頭はいいんだけど、理屈っぽくて扱いづらい…」「口だけ達者!」と周囲から煙たがられることもあります。特に生命線との重なりが大きいと、考えすぎて行動できないタイプになりやすいようです。

せっかくの良い資質が”宝の持ち腐れ”にならないように、高いエリート意識やうんちくはほどほどにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする