人差し指の下(木星丘)に十字(クロス・十字紋・十字線)がある手相の見方

人差し指下木星丘のクロス

下の画像のように、手のひら上に、2本の線が掛け合わさっている状態クロス十字紋、十字線などと言います。

手のひらのクロスの画像

ここでは、人差し指の下に十字架がある手相の意味を紹介します。

参考 クロスについての詳しい説明は下記をご参考にしてください。

【手相紋占い3】手のひらにバツ印×やプラス印+のようなクロス(十字紋)がある手相
手相の特殊紋についての3回目。 手のひらに、バツ印×やプラス+、カタカナの「メ」のような、「クロス」と呼ばれる十字紋・十字線が...

スポンサーリンク

人差し指のつけ根にクロス(十字紋)がある手相の意味

木星丘にあるクロス・十字紋

本来、手のひらに出るクロスや十字というのは、障害線とみなし、凶の意味合いがあるものがほとんどなのですが、この木星丘にクロス・十字紋がある手相は特別で、願い事が叶うという吉相であると言われています。

幸せな結婚ができる手相でもあります。

また、この場所の十字は、人生に多少の障害があってもへこたれずに、いつも前を向いて生きていく、プラス思考の証であるとも言われています。

どんなに辛いことがあっても、努力を続けていれば、願いはきっと叶いますから、くじけないで頑張ってみましょう!

何もしなかったら、この先もずっと今と変わりません。

諦めたらそこで終わりで、成長は止まるのです。

今の自分が嫌なら、今の自分を変えたいなら、行動するしかないのです。

と私は、自分の手相にある十字架を見ながら、日々頑張っています。

さぼっていると、不思議と線が薄くなっているんですよね…

そんな時は、「いかん、いかん」と、気持ちを奮い立たせています。

努力してるのに、なかなか報われないこともあり、人生って厳しい…とネガティブになる日もありますが、険しい山道を一歩一歩登っていかないと、見られない景色が必ずあるはず!

この場所にクロスをお持ちなら、いつかは自分も素晴らしい景色に出会えると信じて、一緒にがんばりましょう

以上となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする