人差し指の下(木星丘)に横線がある手相の見方(マネージメント線・マネージャー線)

マネージメント線がある手相

人指し指の付け根の下のゾーンに、横線が出ている手相占いの見方をご紹介します。

人差し指の下には、よく似た線がたくさんあって紛らわしいのですが、今回はマネージメント線になります。

人差し指の下にでる環紋

その他の線は、↓からご覧ください。

  1. ソロモンの環
  2. マネージメント線 ←このページ
  3. 千金紋
  4. 火星環
スポンサーリンク

マネージメント線がある手相の見方

マネージメント線がある手相

マネージメント線は、マネージャー線と呼ばれるときもあります。

マネージメント線は、「ソロモンの環」と似ていますが、人指し指の付け根をぐるりと囲む「ソロモンの環」に対し、もう少し下に出てるような感じの線です。

マネージメント線は、下記の画像のように、人差し指と中指の間に向かわずに、その手前(木星丘)で止まっているものも含みます。

マネージメント線

要するに、人差し指の付け根と生命線(知能線)の起点の間から出て、斜め上、または横に伸びている線のことを指します。

マネージメント線には、管理能力が優れているという意味があります。

芸能人のマネージャーを連想してもらうとわかりやすいと思いますが、人のお世話やサポートをしながら、人を思い通りに動かすのです。

このゾーンに真っすぐ縦に線が入るリーダー線のように、人に命令したり、支配するというタイプではなく、あくまでも支援しながら人を動かすタイプでしょう。

また、自分自身が動くのではなく、人を動かして利益を上げたり、目的を達成するような立場になりやすいのも特徴です。

監督業や仲介業、管理職、経営者など、あなたは指示やサポートをするだけで、上手に人を動かして成果を上げることができるでしょう。

マネージメント線が中指の下まで伸びている手相の見方

人差し指の下の木星丘から出る運命線はマネージメント線

もし、マネージメント線が長く伸びて、中指の下まで到達しているなら、運命線となりますから、ますますの発展が期待できます。

人指し指の下から運命線が出ている手相の見方は↓をご覧ください。

手相の運命線は、社会運や仕事運を表す掌線で、中指に向かって伸びる線のことを指しますが、どこを起点に伸びているかで意味が変わってきます。 ...