感情線の上にクロス(十字・バツ)が重なる手相の見方

感情線の上にクロスが重なる手相

手相の感情線の上に、バツ印×やプラス+、カタカナの「メ」のような印が重なることがあります。

これを、クロスや十字紋と呼びます。

手のひらに出るクロス(十字紋)は、↓の4ヶ所にあるものは良い印と見ます。

特に、知能線と感情線の間のゾーンにあるクロス(②や③)は良い印”と占う手相家も多いようです。

手相のクロス.十字紋

【手相紋占い3】手のひらにバツ印×やプラス印+のようなクロス(十字紋)がある手相

しかし、それ以外のところに出ているほとんどのクロスは、発展を妨げる凶の暗示であると占い、クロスのある掌線にマイナスの意味を加えます。

特に線の上に重なって出ているものは、中断妨害を意味しますから、クロスが出ていると物事がうまく運ばなくなる恐れがあります。

参考 感情線に「乱れ」のある手相いろいろ

スポンサーリンク

感情線上にクロス(十字)がある手相の見方

感情線の上にクロスが重なる手相

掌線上に重なるクロスは、どの掌線にあっても凶であることは上で述べましたが、感情線の場合も例外ではなく、感情線の上に重なるクロスは「乱れと見ます。

感情線は『人の心情』を表す掌線ですから、クロスがあるとストレスを感じたり、心が乱れやすくなるのです。

恋愛やパートナーとの関係がうまく行かずに悩んだり、苦しんだり、人間関係のトラブルに見舞われるなど、悩みがちになるでしょう。

クロスが薄い時は気にする必要はありませんが、クロスが大きく刻まれている時や、小さくてもバツ印が明瞭な時は、愛する人との別れを意味します。

特に感情線の終点にクロスがあって、クロスで感情線がストップしているような時は、恋愛運は悪くなります。

感情線のゴールにクロスがある手相

女性なら『オトコ運がない』というタイプかもしれません。

でも、”手相が悪いから、頑張っても意味がない”などとは絶対に考えないでください。

このクロスは何かのサインだと思って、自分を変える努力をしてみましょう。

いつもの自分とは逆の自分を演じてみるところから始めて、これまで避けてきたことにも目を向けてみてください。

新しい自分になるつもりで意識を変えることで、運命がガラリと変化することもあるのです!

そうやって生きていると、いつの間にか手相も変化してクロスも薄くなって、物事もうまく進むようになるはず!

クロスは戒めにしましょう。

参考 感情線についての記事は↓にまとめております。

手相占い:感情線の見方

スポンサーリンク

シェアする

フォローする