感情線の上にもう一本別の線がある手相-その4(自己顕示欲線・タレント線)

感情線の上にもう一本別の線が出ている場合の手相の見方を紹介しております。

今回は、人差し指と中指の間から、短い線が出ている自己顕示欲線やタレント線と呼ばれている手相の意味をご紹介します。

感情線付近は、他にも線が出やすいゾーンですので↓も併せてご覧ください。

感情線の上下に別の線がある手相いろいろ
感情線の上や下にもう1本別の線がある手相いろいろ

スポンサーリンク

感情線の上の中指と人差し指の間に短い線がある手相の人(自己顕示欲線・タレント線)

感情線の上にもう一本別の線がある手相|タレント線|自己顕示欲線

感情線の上に、中指と人差し指の間から出ている短い線がある手相は、自己顕示欲線と呼ばれています。

※自己顕示欲線はタレント線と呼ぶ場合もあります。

自己顕示欲線を持つ手相の持ち主は、目立ちたがり屋さんだと言えます。

常に人から注目されていたい、存在感をアピールしたい、自分をよく見せたいと考えていて、自己アピールが上手です。異性にも親切です。

人前に出ることも平気なので、司会やプレゼン、講演会のスピーカーなども上手にこなすでしょう。タレントや芸能人にも向いていますし、ユーチューバーもできるかもしれませんね。

上昇志向も強いタイプが多く、真面目に仕事に取り組む人でしょう。

最近では、SNSを積極的に使って、過激な写真を投稿したり、セレブを自慢するタレントさんがいらっしゃいますが、それを真似て、一般人でも平気で顔出しをしたり、強い自己アピールをしている人を見かけます。こういう方々には自己顕示欲線がありそうな気がします。

自己顕示欲強い人は、会話の主語が「俺はぁ~」とか「私はぁ~」から始まることが多いのが特徴で、人の話を聞くようなふりをしながらも、最後には自分の話題にすり替えてしまったり、「自分はこう思う」という意見をチョイチョイ入れてきたりします。

「いつも自分の話ばっかり」「自慢ばかりで疲れる」と思われてしまうこともありますから、自己アピールもほどほどにしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする