運命線の起点で占う7-生命線と親指の間(第一火星丘)から運命線が伸びる手相(火星環)

第一火星丘から運命線が伸びる手相

運命線のスタート地点で占う方法の7回目は、生命線の付け根から感情線までの間の第一火星丘と呼ばれるゾーンから運命線が伸びている手相の見方です。

手相の運命線は、社会運や仕事運を占う掌線で、中指に向かって伸びる線のことを指しますが、起点の違いで意味が異なります。

参考 その他のスタート地点から出る運命線についてはこちらにまとめてあります

運命線のスタート地点で占う方法をご紹介します。 手相の運命線は、社会運や仕事運を表す掌線になります。 運命線とは...

第一火星丘から出る運命線は「火星環」

第一火星丘から出る運命線は、別名を「火星環」と言い、過去に、環紋(リング)のある手相のところでもご紹介したことがあります。

火星丘は、第一・第二の2つのゾーンに分かれています。

“攻め”を意味する第1火星丘に対して、反対側にある第2火星丘は “守り”を表し、防衛心忍耐力、反骨心という意味があります。

火星丘と火星環

火星環がある手相の見方

火星環がある手相

第1火星丘がふっくらとして適度に発達している人は、行動力があって積極的な人間ですが、発達しすぎるとすぐにカーッとなる攻撃的な人間になりやすいようです。

第一火星丘から火星環が出るということは、第一火星丘がかなり発達していることになり、第一火星丘の意味を強調しますから、負けん気や闘争心が強くなります。

一見、穏やかそうに見えても、実はかなりの負けず嫌いが多いようです。

※短い線が出ていてもそのような傾向になります。

火星環」を持っている人は、競うことが好きなので、競争世界に身を置くことが多く、しっかりと中指下まで伸びていれば、競争社会で勝利することができる手相になります。

出世争いでライバルと激しい攻防を繰り広げても、怯むことなく立ち向かい、持ち前の行動力と積極性を武器に、最終的には組織のトップやリーダーになるなど、大きな成功を手に入れる可能性が高い人でしょう。

誰かと競ってこそ、本来の力を発揮できるタイプですから、目標になる人や、具体的なライバルを心に決めた方が、早く伸びるはずです。

これは男性に限らず女性も同じで、昔、「女は競ってこそ華」という映画のキャッチコピーがありましたが、まさにその通り!

しのぎを削って戦うことで、ますます磨かれて、その道の一流と呼ばれる人物になっていくでしょう。

ちなみに、火星環は、前回紹介した中指に向かう努力線や、千金紋・はいあがり線・なりあがり線と間違えやすいので、気を付けてください。

火星環と努力線と千金紋の違い

関連記事 また、運命線以外でも、人指し指の下には紛らわしい線がたくさんありますので、↓に一覧にしました。よろしければ参考にしてください。

手のひらの、人指し指の下の木星丘と呼ばれるゾーンに縦や横などの線が出ている場合の手相占いの見方を集めてみました。 人指...

参考 運命線についての記事は
手相占い:運命線の見方にまとめております。