生命線がギザギザ、鋸(のこぎり)状の手相の見方

生命線がギザギザの手相

生命線がギザギザになっている、鋸(ノコギリ)状の手相の見方をご紹介します。

生命線のギザギザの見方は、生命線がチェーン(鎖状)の時と、よく似た見方になります。重複するところもありますが、こちらでも説明しておきます。

全般的に、手相の掌線のギザギザは、運勢が停滞している時、足踏み状態で前に進めない時に出やすいようです。

生命線は生命力を表す掌線ですから、心や体が不調の時は、手相にもギザギザが現れることがあるようです。

小さいものはさほど気にする必要はありませんが、ギザギザが明瞭だったり、大きかったり、複数の「乱れ」が重なって、線の幅が広がって見えるようになったら、心の状態やお身体に異常がないかどうか、少し立ち止まってみましょう

但し、のこぎり、ギザギザなどの「乱れ」があっても、その横に別の生命線がもう1本出ている場合(二重生命線)や、運命線がフォローしてくれることもありますので、併せて確認してみてください。

スポンサーリンク

生命線がギザギザのノコギリ状になっている手相の見方

生命線がギザギザの手相

生命線の一部がのこぎり状になっている手相は、体力の衰え、虚弱体質と占います。

重篤な病や、大きなトラブルを表すものではありませんが、生命力のエネルギーがやや滞っているようで、ギザギザが明瞭な時は、運命が変わりやすいですから気を付けてください。

また、逆に乱れた生活スタイルが、健康を害する可能性もありますから、ギザギザが目立つ時は不摂生をしないよう心がけましょう。

生命線の起点部分がギザギザなら、生まれつき身体が弱かったり、子供の頃はケガや病気がちだった人に多い手相です。

末端部分がギザギザなら、晩年は慢性化した健康トラブルに悩まされるかもしれません。命に関わる病ではないけれど、膝が痛いとか、耳が不自由になるとか、という感じでしょうか。

若いうちから健康面で気を付けることで、手相が変わったり、トラブルを回避できることもあります。

基本的な見方は、生命線のその他の「乱れ」の時と大きくは変わりませんから、

  • 生命線の起点部分(知能線の近く)がノコギリ状の時は幼少期
  • 線の途中がノコギリ状の時は中年期
  • 線の末端(下)がノコギリ状の時は晩年

に注意し、もう少し細かく年齢を知りたいときは、生命線の流年法を参考にしてください。

なお、すでにトラブルを回避したり、病が完治した後も、その名残りとしてギザギザが手相に残ることもあるようです。

参考 生命線についての記事は、手相占い:生命線の見方 にまとめております。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする