短い生命線や状態の悪い生命線を運命線がフォローしている手相

短い運命線を生命線が補う手相

「生命線が短いと短命」という説があります。

生命線の長い・短い、向き、ゴールの位置で占う手相の見方のところでもご紹介致しましたが、長さだけでは短命かどうかを判断することは早計です。

しかし、両手の生命線が不明瞭で、更に切れ切れ、なみなみ、チェーン状などの「乱れ」がある生命線は、生命力が弱いことを表しますので、そのような生命線なら短命の可能性はあると占うのが手相占いのセオリーですが、生命線が弱くて短い場合でも、運命線がフォローしてくれることがあります。

今回は、運命線が生命線を補助している手相をご紹介します。

スポンサーリンク

1.生命線の横に運命線がある手相の見方

短い運命線を生命線が補う手相

本来は生命線のゴールであるはずの金星丘の下のゾーンから、中指に向かう線が伸びている場合は、運命線と見ます。

乱れ」が多くて生命線の状態が悪い時や、短く切れている生命線でも、その横に、中指下までしっかり伸びている運命線があることで、運命線が生命線を補助し、生命線の役目も果たしていると占います。

よって短命ということはなく、肉体的にも丈夫で健康な場合が多いようですから、生命線が短い時や弱い時でも、心配はご無用です。

金星丘からカーブして中指に向かう運命線の意味については、↓をご覧ください。

運命線のスタート地点で占う方法の2回目は、手のひらの「金星丘」から運命線が伸びている手相の見方です。 手相の運命線は、...

但し、↓のような手相は、生命線の途切れの両端が重複している手相になるため、運命線ではありません。生命線の乱れと判断します。

生命線の重複中断線

参考 生命線に途切れ・切れ目・隙間がある手相の見方 3種

2.生命線から運命線が伸びる手相の見方

生命線から運命線が伸びる手相

続いては、に似ていますが、運命線と生命線が繋がっているタイプの手相になります。

生命線に「乱れ」があったり線が弱々しいと、生命力が弱いと占いますが、そのような状態の悪い生命線でも、そこから運命線が出ることでフォローしてくれるのです。

生命線から運命線が伸びている場合は「努力線」と呼ばれ、努力や頑張りが報われる手相になります。

生命線から中指に向かって伸びる努力線が出ている時も、生命線が弱い時の助けになります。

「努力線」については↓をご覧ください。

手相の運命線は、社会運や仕事運を表す掌線で、中指に向かって伸びる線のことを指しますが、どこを起点に伸びているかで意味が変わってきます...

3.生命線が運命線に合流し、1本に交わる手相の見方

生命線が運命線に合流している手相

短い生命線が、運命線に合流して、運命線に完全に吸収されている手相も、生命線が運命線に助けられている手相の一つになります。

健康面の不安もなく、社会で十分な活躍ができる手相でしょう。

詳しくは、↓をご覧ください。

生命線が運命線に合流して、運命線に完全に吸収されている手相の見方をご紹介します。 参考 生命線と運命線が接している手相...

4.生命線と運命線が支線で繋がっている手相の見方

生命線と運命線が支線で繋がっている手相

他にも、生命線が分岐して、その支線と運命線とが繋がって、橋が架かっている状態の場合も、運命線の助けを受けている手相になります。

生命線が短い時や状態が悪くても、橋を通して運命線と結びつくことで、生命線の役割を果たしてくれるのです。

生命線がしっかりとゴールまで伸びていて状態が良い場合に橋が架かっているなら、かなりの良相と言えます↓。

生命線が分岐して運命線に接続している手相

生命線と運命線の2本の線が、生命線の支線でガッチリと繋がっていれば、お互いの良い部分が結びつくため、健康運もUPし、社会に積極的に関わろうとするため、社会的に成功しやすい良い手相になります。

但し、生命線の二又の分岐がかなり下にあり、分岐の線が下向きで弱弱しい時は、運命線の力をもってしても助けられない場合もあります…

生命線の下向きの分岐が運命線と交わる手相

生命線と運命線が繋がる手相については、ここでは書ききれませんので、

生命線と運命線が接している・繋がっている・合流している手相いろいろ一覧をご覧ください。