生命線と頭脳線(知能線)の間にもう1本別の線がある手相の見方(二重生命線・二重頭脳線)

生命線と頭脳線の間にもう一本別の線がある手相

生命線と頭脳線(知能線とも言います)の間に、もう1本、別の線がある手相の見方をご紹介します。

生命線と頭脳線の間にもう1本線がある場合、その線が

を見極めます。

そして、生命線に寄っている(沿っている)場合は二重生命線、頭脳線に寄っている場合は二重頭脳線と占います。

スポンサーリンク

生命線と頭脳線の間の線が、生命線に寄っている手相

二重生命線

生命線と頭脳線の間に、もう1本、線がある場合で、その線が生命線に寄っていたり、生命線のカーブに沿っているなら、二重生命線(副生命線とも言います)の可能性が高いと思います。

二重生命線は生命線のカーブの内側(親指側)で出ることが多い線なのですが、稀にカーブの外側(小指側)に出ることもあります。

二重生命線を持つ手相の人は、人よりも身心が丈夫で、生きる活力に溢れていることが多いようです。

線がかなり生命線に接近していて弱々しいなら、影響線(印象線)の可能性もありますので、こちらの手相については、

生命線が2本ある手相、生命線に並行する線がもう1本ある手相の見方(二重生命線・副生命線・火星線・影響線・印象線)

をご覧ください。

生命線と頭脳線の間の線が、頭脳線に寄っている手相

二重頭脳線

生命線と頭脳線の間に、もう1本、線がある場合で、その線が頭脳線に寄っていたり、頭脳線のカーブに沿っているなら、二重頭脳線(二重知能線とも言います)の可能性が高いと思います。

一般的な二重頭脳線は、↓の画像のように、頭脳線の上(頭脳線と感情線の間)に、出る場合が多いのですが、に頭脳線の下に出る場合もあります。

一般的な二重頭脳線

二重頭脳線は、頭脳線の上に出る場合でも、下に出る場合でも、人の2倍の知性を持っていると占うので、賢い人が多い手相なのですが、特に頭脳線の下に二重頭脳線がある手相は、天才的な頭脳を持っている、IQが高い、頭がいい人が多いと言われています。

頭の回転が速すぎて、何を考えているのかがわかり辛く、周りから”突拍子のない人”、”変人っぽい人”と思われるかもしれませんが、大いに発展が期待できる手相であり、幸運や成功を掴みやすいでしょう。

特に、生命線と離れている↓のような二重頭脳線は、やや奔放なところはありますが、頭脳派でありながらフットワークも軽い、好奇心が旺盛な手相でしょう。

生命線と離れている二重頭脳線

但し、頭の回転と同じくらい動きも早いため、周りが付いて来れない恐れがありますので、時々周りを気にするようにしましょう。

それに比べて、頭脳線、̏̏二重頭脳線が、生命線に接している手相は、軽々しく行動しない慎重さがありますから、ブレーンには最適です↓。

生命線に接する二重頭脳線

頭脳明晰ですから、学者や研究者、「先生」と呼ばれる職業にもぴったりでしょう。

参考 その他の生命線の支線については、↓にまとめております。

手相の生命線の下(末端)が、二又や三又に分岐・枝分かれしていたり、生命線から別の支線が出ているケースなど、生命線の支線に関する手相を...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする