生命線の支線・分岐(二股・三又・枝分かれ)している手相いろいろ一覧

生命線の分岐・枝分かれ

目次

手相の生命線の下(末端)が、二又や三又に分岐・枝分かれしていたり、生命線から別の支線が出ているケースなど、生命線の支線に関する手相を集めて一覧にしました。

生命線の分岐は、支線が向かう方向によって意味が異なり、小さな分岐よりも大きな分岐の方が強い意味があります。

他にも、生命線が運命線と接する場合や、別の支線で繋がっているケースもご紹介します。

生命線の末端部分(下)の分岐・枝分かれ・二股・三又などいろいろ

まずは、生命線の下が枝分かれしている手相を集めました。

スポンサーリンク

生命線の下が大きく二股に分岐している手相 3種

生命線の大きな枝分かれ3種

生命線の中間くらいの位置から支線が出ている状態の、生命線が大きく分岐している手相を、3種類ご紹介します。

生命線の末端(下)が大きく二股に分岐している手相の見方 3種

1.大きな分岐の支線が親指側に向かう手相

分岐した生命線の先がどちらも親指側に向かう手相

生命線の中間くらいの位置から、線が二股に別れ、支線が親指側に向かう手相の見方は、地元密着型の人に多い手相です。

続きは、生命線の大きな分岐の支線が親指側に向かう手相 へ

2.大きな分岐の支線が小指側に流れる手相

生命線の大きな分岐の片側が小指へ向かう手相

生命線の中間くらいの位置から、線が二股に別れ、支線の方が小指側の月丘というゾーンに向かう手相の見方は、旅行線移動線と呼ばれており、移動が多い人生を送る人に多い手相です。

続きは、生命線の大きな分岐の支線が小指側に流れる手相 へ

3.大きな分岐の支線が下に下がる手相

生命線の分岐が下に下がる手相

生命線の分岐の支線が下に下がる手相は、不遇な人生を送りやすいことを意味します。

続きは、生命線の大きな分岐の支線が下に下がる手相の見方 へ

生命線が小さく二股に分岐(枝分かれ)している手相 2種

生命線の小さな分岐2種

続いては、生命線の末端(下の方)が小さく枝分かれしている手相を2種類ご紹介します。

分岐した支線が、下または親指側に向かう場合と、小指側に流れる場合があります。

生命線の末端(下)に小さい二股の分岐がある手相 2種

1.末端が小さく分岐している手相

生命線の先が小さく二股

生命線の末端部分の小さな分岐のうち、支線が下に下がっていたり、親指側に向かうタイプの手相になります。

線が薄い時、弱い時は疲労線となり、お疲れの状態の時に出やすい線です。

線がくっきりしている手相は、自分はツイてないと感じている人に出やすいようです。

続きは、生命線の末端が小さい二股の手相の見方 へ

2.小さな分岐の片方が小指側に流れる手相

生命線の小さい二又の先が小指側へ流れる手相

生命線の末端に小さな分岐がある手相で、支線が小指側に流れているなら、小さな旅行線になります。(旅行線は移動線と呼ばれるときもあります)

小さな旅行線は、じっとしていることが苦手な人に多い手相です。

続きは、生命線の小さな分岐の片方が小指側に流れる手相の見方(小さな旅行線) へ

生命線の末端に細かい支線がある手相 3種

上でご紹介した二股は、比較的線が明瞭な場合でしたが、今度は、生命線の末端に薄い支線や弱弱しい支線が出ている手相になります。

生命線の末端に出る下向きの線は、1本だけの場合もあれば、たくさんの細かい線が房状になることもありますが、数が多くなるほど、疲労が蓄積していると占います。

生命線の下の先に細かい支線がある手相の見方 3種

1.末端に下向きの支線がある手相

生命線の末端に下向きの支線

生命線の末端に、下向きに細い線が入る手相は、疲労線になります。

続きは、生命線の末端に下向きの支線がある手相の見方

2.末端の上下に枝毛のような細かい線が出ている手相

生命線の末端に細かい支線がある手相

生命線の末端の上下に、枝毛のような下向きの線が出る時も疲労線です。

続きは、生命線の末端の上下に枝毛のような細かい線が出ている手相の見方

3.末端が房状(ほうき状、筆状)になっている手相

生命線の末端に房状の手相

生命線の末端が、筆やほうきのように、多数の細い線が出ている手相は、疲労を通り越して、カラダや心が弱っている状態であると占います。

続きは、生命線の末端が房状(ほうき状、筆状)になっている手相の見方 へ

生命線が三又になっている手相 2種

生命線が三つ又の手相

生命線の三つ又で、分岐が大きな三又と、小さな三又の場合の2種類をご紹介します。

生命線が三つ又になっている手相の見方 2種

1.生命線が大きく三つ又に分かれている手相

生命線が大きく三つ又

生命線の中間くらいの位置から、大きく三つ又に別れている生命線は、線の状態によって違った見方をします。

三つ又の線が弱弱しい手相は、迷いの多い人生になりやすいのですが、

くっきりと明瞭な三又なら、様々なことに関心が高く、複数のことを同時にこなすことができる手相になります。

続きは、生命線が大きく三つ又に分岐している手相の見方

2.生命線の末端が小さく三つ又に分かれている手相

生命線の末端が三つ又の手相

生命線の末端が小さな三又で終わる手相は、疲労線と見ます。

気力がわかない、疲れやすい状態になっていますので、ご自愛ください。

続きは、生命線の末端が小さく三つ又に別れている手相の見方

生命線から上向きや下向きの支線が複数出ている手相

生命線の枝分かれ

生命線の小さな支線・枝分かれの見方は、一般的に、上向きに分岐・枝分かれしているものは吉相となりますが、下向きの小さな分岐や枝分かれは、あまり良い意味がありません。

こちらでご紹介する線は、枝分かれしている線がそこそこ明瞭な場合になります。

この支線が、生命線から1mm~5mm以内の距離にある、かなり細くてデリケートな線の場合は、影響線の時もあります。

生命線に上向きや下向きの細い支線がある手相の見方

1.生命線から上向きの支線が出ている手相

生命線の上向きの枝分かれ

生命線から出る上向きの支線は努力線と呼ばれ、頑張り屋さんに出る線ですが、上向きの支線がたくさん出ている時は、開運努力線と言います。

昇り龍線と呼ぶ手相家の先生もいらっしゃいます。

続きは、生命線から上向きの支線が出ている手相の見方 へ

線が細い時は影響線かも!?

生命線に合流する影響線

但し、生命線の枝分かれや支線というよりは、別の線が生命線に流れ込んで合流している時は、影響線と見ることもあります。

影響線は人生に影響を与える人との出会いを表す、かなり生命線に接近した細い線になります。影響線は必ずしも生命線に合流している訳ではなく、生命線と平行に伸びることもあります。

影響線が出てるところを流年法に当てはめて、結婚のお相手と出会いやすい時期を占う時に使います。

影響線については、以前、生命線付近にでる「影響線」で異性との出会いや恋愛の時期を占うのところでご紹介しております。

2.生命線から下向きの支線が出ている手相

生命線から下向きの支線が出ている手相

生命線から細かい下向きの支線が出ている時は、お疲れの時に出る疲労線と占うことが一般的ですが、気持ちが後ろ向きになっている時にも出やすい線です。

続きは、生命線から下向きの支線が出ている手相の見方(疲労線) へ

生命線と頭脳線の間に線がある手相(努力線・独創線)

生命線から上向きの線が出て、頭脳線でストップしている手相になります。

生命線と頭脳線をつなぐ線がある手相

生命線の起点部分(上)の分岐・枝分かれ・二股・三又などいろいろ

続いては、生命線の上の方が分岐している手相を集めてみました。

生命線の上の方が分岐して支線が上に向かう手相

生命線を起点に上向きに伸びている支線いろいろ

生命線を起点にしている支線を5種類ご紹介します。

1.生命線の支線が人差指に向かう手相

人差指に向かう生命線の支線 努力線

2.生命線の支線が中指に向かう手相

中指に向かう生命線の支線 努力線

3.生命線の支線が薬指に向かう手相

生命線の支線が薬指に向かう手相 努力線

4.生命線の支線が小指に向かう手相

小指に向かう生命線の支線 努力線

5.生命線の支線が第一火星丘に向かう手相

第一火星丘に向かう生命線の支線

生命線の起点が分岐している手相

「あれ?自分の生命線は、人より線が1本多い?」という手相になります。

生命線と並行する線がある手相

生命線の起点近く(上部)で二股に別れている場合で、線が強い場合は二重生命線(副生命線)、弱い場合は影響線(印象線)になります。

生命線に平行している線がある手相の見方

二重生命線と影響線については、生命線が2本ある、生命線に並行する線がもう1本ある手相の見方をご覧ください。

生命線と頭脳線の間に線がある手相

生命線と頭脳線の間にもう一本別の線がある手相

【参考】運命線がらみの支線

生命線と運命線が交差したり、支線が繋がることがあります。

参考までの載せておきたいと思います。

生命線と運命線が接している・繋がっている・合流している手相

↓の手相は、生命線と運命線が接している・繋がっている・合流している手相いろいろ一覧にまとめております。

生命線と運命線が支線で繋がる手相

生命線と運命線が、支線やクロスで繋がることがあります。

生命線が分岐して運命線に接続している手相

生命線と運命線の間に2本のはしごが掛かっている手相

生命線と運命線がクロスで繋がる手相

生命線が運命線と接したり、重なる手相

生命線と運命線が重なって、どちらの線なのか判断が難しい状態の時があります。

生命線と運命線が重なる手相

生命線が運命線に合流している手相

生命線と運命線が交差する手相

スポンサーリンク

シェアする

フォローする