太陽線がチェーン状になった手相の見方(太陽線の鎖状線)

太陽線があみあみの手相,チェーン,鎖状,くさり

薬指の下(太陽丘)に太陽線らしき縦線があっても、その線が編み物の”くさり編み”のようなあみあみの状態になっていることがあります。

手相占いでは、「島」がいくつも重なってチェーン(鎖)のようになっている状態のことを「鎖状線」と呼びますが、このような手相も鎖状線の仲間になります。

参考 「島」については↓の記事も参考にしてください。

手相占いの特殊紋についての7回目。 手のひらに "アイランド" と呼ばれる島紋が、生命線や運命線などの掌線上にある手相について...
手相の線が広がって、水たまりのような空洞が出来ていることがありますが、これを「島」や「島紋」、「アイランド」と呼びます。 目の...

太陽線が鎖状線になった手相の見方

太陽線の鎖状線

いくつもの「島」が連なって鎖状になった太陽線は、見栄っ張りで、豪華で派手な生活に対して強い憧れを持っている、虚栄心が強いタイプに多い手相でしょう。

島がクッキリとしていたり、切れ目のない完全な形の島が連なっている時は、特にその傾向が出やすいでしょう。

自分を良く見せたい、人から羨ましがられたいという欲求が強い為、ついつい自分を着飾ることにお金を使ったり、高い家賃の物件に住んだり、身の丈に合わない生活をして無理をしがちです。

ちょっと油断したら、カードのキャッシングや、オーバーローンで首が回らなくなる恐れがありますから、実際にそのような傾向があるなら、早めに自覚して生活を立て直し、分相応の生活を心がけましょう

“自分を高めるには、まず形から入ることで、自然に立ち振る舞いが変わる”という意見もありますが、背伸びし過ぎも弊害が出ますから、あまり頑張りすぎないようにほどほどにしてください。

太陽線があみあみの手相

完全な「島」の形になっていないけれど、切れ切れの薄い線が鎖のように絡まっていたり、紐をゆるく編んだようにあみあみになっている手相の場合も、似たような傾向があります。

このような太陽線は、ふわふわとした、幻のような、地に足が付いていない、いい加減、ユルいなど、不安定な様を表しますので、嘘や偽りの多い不確かな生活や、幸せを手に入れても砂の城のようにもろく、崩れやすいと占います。

そうならないために、簡単には崩れないしっかりとした基盤を作るよう意識してください。

参考 線の切れ目が目立つと感じる時は、太陽線が切れ切れの手相もあわせてご覧ください。

まとめ記事 太陽線についての記事は、手相占い:太陽線の見方一覧にまとめていきます。

シェアする

フォローする